親しくない人、交流の少ない人を間接的にほめるテクニック

スポンサーリンク

あなたが褒めたいと思っている人が、

もし自分と関わりが薄い人だった場合、直接褒めるのはハードルが高いです。

 

 

以前にも、「知らない人と会話して、いきなり褒めるのはNG」

「褒める前に相手の機嫌を必ず確認する」にてお話ししたことがありましたが、

知らない人や、あまり親しくない人間に対していきなり褒めるのは、

あまりにも不自然で、逆効果になってしまいます。

 

 

しかし、あなたが褒めたい人と仲が良くなくても、

違和感なく、簡単に褒めることができる便利なテクニックが存在します。

 

 

褒める対象の人に、友達や知り合いを介して褒め言葉を伝える方法

 

 

親しくない人を褒める画期的な方法、

それは友達や知り合いなど、第三者を通じて褒め言葉を伝えてもらうテクニックです。

 

 

 

例えば、あなたが褒めたいと思っている人と親しい友人に、

「○○さんって、すごく優しくて思いやりのある人だよね。」

という風に褒め言葉を伝えておきます。

 

 

すると、その友人はほぼ100%、

あなたが褒めたいと思っていた人に、

あなたが褒めていた内容を伝ようとアクションを取り始めます。

 

 

 

褒められた相手からすると、いきなりあなたから直接褒められれば、

 

「えっ!?でも、あんまり話したことないし、私の事なんか理解できてないよね?」

 

と不審に思ってしまいます。

 

 

さらに悪い事に、褒めた時のタイミングが悪かったり、

緊張したはずみで変な事を言ってしまうと、

下心や企みがあるのではないかと、あらぬ疑いを賭けられてしまう可能性も出てきます。

 

 

 

しかし、お互いの事をよく知っている友人を通して褒め言葉を伝えれば、

褒められた相手は、裏でそんな風に思われていた事実に素直に喜び、嬉しく思うはずです。

あなたも余計な心配をすることなく、言いたかった事を全て伝えることができるのです。

 

 

「絶対言わないでくださいよ。」と言えば言うほど暴露してしまう理由

 

 

また、このテクニックをさらに効果的にする応用法があります。

それは、話の最後に「このことは言わないでくださいね。」と釘をさしておくことです。

 

 

「言わないでね。」と言うと、

自分の伝えたかった言葉が伝わらないのではないかと不安に思いますが、

その心配はありません。

 

 

なぜなら、人は「やったらいけません」と言われたことには、

無性に興味を持って実行してしまう本能を持っているからです。

 

 

 

そして、こと「褒め言葉」に関しては、この「無性に興味を持って実行してしまう」行動が

顕著に見られるようになります。

 

 

特に悪い事ではないし、禁止されていることでもないので、

「言わないでくださいね。」と言われた友人は、

あなたが褒めたいと思っていた人に対して、益々「言いたい!」と思い、

結局あなたが褒めたいと思っていた本人に暴露してしまうのです。

 

 

 

 

「あの人っていつも丁寧でイイ人よね。

・・・あ、でもこの事は本人に言わないでね。恥ずかしいから。」

 

「○○さんって、いつも気配りできるし、ニコニコ笑顔でかわいいよね。

あ、ちなみにこれ言っちゃだめだよ。本当に駄目だからね?」

 

 

自分との関わりがほとんど無いような人でも、

第三者に協力してもらえば、簡単に好意を伝えることが可能です。

 

 

このテクニックは本当に使いやすいですし、褒めた時の効果も抜群ですので、

あなたが誰かを褒めたいと思ったときは、非常に頼りになるテクニックになりますよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ