お節介で恩着せがましい人間への対策マニュアル

スポンサーリンク

あなたの周りに何かと世話を焼く、お節介な人っていませんか?

その人が無償の奉仕の心で行動してくれていたら問題ありませんが、

恩着せがましくて見返りを求めようとする人の場合、

こちら側の立場に立つと、非常に厄介で始末に負えませんよね。

 

 

「○○さんのためを思ってやっているのよ。」

「あなたのために、私は一生懸命やっている。」

このような理由をつけて迫ってくる相手の目的とは、いったい何なのか?

今回は、恩着せがましいお節介焼きの人間の心理状態と、

そんな人への対処法・上手な付き合い方の方法、

そして自分自身が嫌味な人にならない予防策について解説していきたいと思います。

 

 

おせっかいな人の心理状態「あなたを支配したい」

 

 

おせっかいな人に共通する心理状態ですが、

「嫌われたくない。好かれたい。良い人だと思われたい。」

「自分を対象の人間に対して良く見せたい」という浅ましい魂胆があります。

 

 

浅ましいと言っても、これくらいはまだ人間としては健全と言うか、

正常な範囲だと言えます。

問題なのは、この想いが行き過ぎた結果、

「相手の全てを支配したい。」「自分のモノにしたい。」

という支配欲にかられてしまうことです。

 

 

あなたも必要以上のお節介を受けて、

楽をさせてもらっているのにも関わらず、何か嫌な気持ちになった経験はありませんか?

それは、あなたの身の周りの世話や親切心を買って出ることで、

その対価として「ありがとう」という感謝の言葉以上のものを

期待しているからです。

 

 

ちなみに、俗に言う「腹黒い女性」「面倒くさくて気持ち悪い上司」

こういった性格の人のことを指すことが多いです。

 

 

恩着せがましいネチッこい人の対処法・付き合い方

 

 

ネチネチした人の表向きの善意ある行為に対して

あからさまに拒否してしまうと、相手は

 

「あなたのためにこれだけやっているのに!!」

「信じられないわ!!人として最低よ!!」

 

と、逆上して怒りだす可能性が高いです。

また、直接叱責されなかったとしても、

裏で何を言われているか、どんな悪い噂を流されるか分かったものではありませんし、

想像したくもありません。

 

 

そこで、せわしく自分の世話を焼くような人には

「ありがとうございます。」と言葉ではきちんと感謝しておき、

徐々に相手との距離を遠ざけていくことが一番の対処法です。

 

 

相手は自分の思い通りにあなたを動かしたくて仕方ありません。

また、相手は自分の望み通りのモノをあなたから求めてくることも考えられます。

しかし、あなたから距離を遠ざけていけば、相手は成す術がありません。

 

 

なぜならば、表向きにはきちんと感謝されているし、

失礼な行為を何もしていないからです。

相手からあなたを見た時、付け入るスキが全くないという状態なので

お手上げなのです。

 

 

自分がお節介で嫌な人間にならないようにする方法

 

 

ネチネチした性格の人と付き合うのは御免被りたいですが、

逆に、私達も自分の好きな人に対してネチッこい態度を取っていないか

十分に注意する必要があります。

 

 

誰かのために、会社のために一生懸命に奉仕しても

何の対価ももらえなかったり、

感謝の気持ちを伝えられなかったような時、

私達も逆上して感情的にならないようにしなければなりません。

 

 

それを予防するためには、

あなたが誰かに対して好意的な行動を行ったとき、

「自分が好きでやったことだから。」

という意識をしっかり持つことが重要です。

 

 

相手に何かを求めるのではなく、

本当に奉仕の気持ちで、無償の愛を与えようと思ってください。

そうすれば、相手も嫌に思うことは少なくなるでしょうし、

あなた自身にも精神的な余裕が生まれて、人として数段魅力的に見えるようになります。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ