以心伝心はダメ文化?自己主張が苦手で欲求不満を解消できない人達

スポンサーリンク

「自己主張」という言葉を聞いただけで嫌な気持ちになる人は多いと思います。

なぜならば、日本では古来から「言わずして知る」「以心伝心」

という諺があるように、自己主張をすることは害悪だとする文化が育ってきたからです。

 

 

正確に言えば、「自己主張」をすることそのものが悪いと判断されるわけではないのですが、

「自己主張をすると人間関係が壊れる」という日本独自の雰囲気から、

「自己主張の強い人」が嫌悪される対象となることは珍しくない光景ですよね。

 

 

本当は、自分の言いたい事を我慢することなく伝えられる会話術があるのですが、

日本人の多くはそれを知りませんし、実行しようとしません。

自分の意見を伝えないほうが人間関係も良くなるという誤解も相まって、

自己主張ができず、欲求不満の塊になっている人が多数見受けられているのが日本の現状です。

 

 

「以心伝心」は良い文化なのか?

 

 

「以心伝心」と聞くと、日本の人はとりあえず良いイメージに捉えます。

 

 

「言葉を発さなくても、相手に自分の気持ちが伝わる。」

確かに本当にそんな事が叶えば最高です。

しかし、現実にそれができていないからこそ

多くのコミュニケーション下手な人達がストレスを溜め、

結果的に病気になる人も現れているのではないでしょうか?

 

 

「以心伝心」という言葉を現代の人達が使う時、

何か主観的な理想を追い求めた完成形を相手に求めているような気がします。

つまり、現代人が以心伝心の言葉を使う時、

その人の気持ちを察してくれる人、

自分の理想を叶えてくれるスゴイ存在を勝手に期待しているのではないかと思うのです。

 

 

その証拠に、「以心伝心」の事について調べてみると、

「何も言わなくても察すること」が美徳だということが書かれていました。

これはつまり、自分から他人の気持ちを察することが好ましいという事を言っているのですね。

ということは、自分の気持ちを察してくれる人が周りに誰もいない時は、

自ら分かってもらえるように自分の言いたい事を言葉に出して言うことが必要なのです。

 

 

自分の事を分かってくれる人がいない?いえ、言いたい事は自分で伝えなければ伝わりません。

 

 

「何も言わなくても自分の事を理解してくれる。」

そんな理想的な存在が傍にいれば話は別ですが、

基本的に自分の気持ちを理解してもらうためには、

言葉に表して分かってもらえるよう努めなければなりません。

 

 

みんながみんな自分にとって都合の良い人物であることは稀です。

コミュニケーションは、互いの情報の伝達によってはじめて成り立つので、

言葉以外の信号で伝わらなければ、言葉を介して他人に意思を伝えなければ

相手には何の感情も、言いたい事も何も伝わりません。

 

 

いつまで経っても自分の言いたい事を我慢しているのは、

精神衛生上良くないだけではなくて、他人にも悪影響を及ぼします。

なぜならば、他人にとってみれば、あなたが言いたい事があるのに言わないでいると、

なぜ言わないのか?どうしてきちんと言いたい事を言わなかったのか?

と不審に思うからです。

 

 

 

お互いの人間関係を良くするためにも、

ストレスを出来るだけ和らげて健康的な毎日を送るためにも、

人は自分の言いたい事を上手に伝える義務があると私は考えています。

普段は言いたい事を我慢して、

その結果ストレスが溜まって急に逆上するなど

自ら人間関係を壊そうとしているようにしか見えないからです。

 

 

次ページからは、言いたい事を上手に言う方法・コツについて

解説していきたいと思います。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ