質問方法を使い分けて雑談を弾ませよう

スポンサーリンク

相手に質問する際のテクニックは、

ここ「雑談のコツ」コーナーでもいくつかご紹介しました。

 

 

しかし、質問テクニックを覚えたからといって、

どんな相手にも同じような質問方法で話を聞こうとするのはナンセンスです。

 

 

相手によって、そして話の段階によって

最適な質問ができるように使い分けることができると

よりスムーズな会話が期待できるようになります。

 

 

タイプ別・状況別に合わせて質問方式を変えるテクニック

 

 

質問の仕方には、大きく分けて

「オープンクエスチョン」「クローズド・クエスチョン」が存在します。

 

 

それぞれに長所・短所がありますので

各々の特徴についてご紹介したいと思います。

 

 

クローズド・クエスチョンの特徴

 

クローズド・クエスチョンは、

相手に「はい」「いいえ」の二択で答えられるように配慮した質問方法です。

 

 

「あなたは食べることが好きですか?」

「あなたは仕事が好きですか?」

「あなたはこんな行動を取りましたか?」

 

 

以上の質問は、全て「はい」「いいえ」の

どちらかの返事だけで答えることができますね。

 

 

 

このように、クローズド・クエスチョンの長所は

自分の聞きたい事、知りたい事を正確に、簡単に聞くことができます。

また、相手にとってもどう答えたら良いかがすぐに理解できますので、

返答が容易にできます。

 

 

 

 

しかし、一方では直接質問で聞きたい事を聞きますので、

聞きづらい事を聞きだすことは難しいです。

 

 

また、雑談でクローズド・クエスチョンを何度も連続で使用すると、

相手も問い詰められているような気持ちになり、

頑なに心を閉ざしてしまう可能性があります。

 

 

 

クローズド・クエスチョンの特徴をまとめると、

 

自分の思った通りの展開を望むとき

率直な答えが欲しいとき

話すのが苦手で答えるのに時間がかかる人と話す時

 

 

これらの状況に有効なのが、クローズド・クエスチョンです。

 

 

オープンクエスチョンの特徴

 

 

雑談で多く使っていきたいのは、

こちらのオープンクエスチョンの方です。

 

 

オープンクエスチョンは、クローズドクエスチョンとは真逆で

「はい」「いいえ」以外の、相手の自由な発想で回答できる質問方式です。

 

 

「あなたは食べることがどれくらいのレベルで好きですか?」

「あなたは仕事のどんなところが好きですか?」

「あなたはどんな行動を取りましたか?」

 

 

上の質問例は、全て「はい」「いいえ」では答えられません。

相手が自分で考えた、相手独自の意見を聞くことが望めます。

 

 

 

オープンクエスチョンを使用することで、

話が予想外に広く展開することもあります。

また、相手も好きなように話すことができますので、

会話が弾みやすくなるのです。

 

 

 

 

その反面、相手に自分の望むような答えが聞きたい時や、

相手が無口で話すまで時間がかかる人には

いきなり使うと上手くいかないことがあります。

 

 

自由な回答を求めていますので、

相手も自分の予想だにしない話を始める可能性があります。

また、口下手な人にいきなり自由な形式で答えるように求めると、

どう話していいか分からず、話をまとめることに困ってしまう場合があります。

 

 

 

雑談に苦手意識がある人には、

はじめはクローズド・クエスチョンで答えやすい質問をして、

会話をすることに慣れてきたら、オープンクエスチョンで質問すると良いでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ