自分の出身地を調べる 相手の出身地を聞く

スポンサーリンク

「どちらからいらっしゃったんですか?」

「出身地はどちらの方になるんでしょうか?」

 

 

出身地や住んでいる地域の話題は

人と雑談をする上で、非常に便利な道具になります。

 

 

「出身地・地域ネタ」は、

初対面で話す時にも、複数人と会話をするときの話題としても、

仕事で付き合う人と情報を共有する時にも使える、まさに万能な話ネタなのです。

 

 

 

 

雑談をよりしやすくするためにも、

共通の話題で盛り上がるためにも、

出身地や地域の情報というのはたくさん覚えておいて損はありません。

 

 

今回は、そんな便利な話題である「出身地・地域ネタ」について

詳しくお話ししたいと思います。

 

 

なぜ、これほどまでに「出身地・地域ネタ」は重要視されるのか

 

 

一言でいうと、「どんな場面でも効果的に使えるから」です。

生まれ育った出身地の情報を持っていない人などこの世に一人もいませんし、

地域によって町の雰囲気や文化なども全然違います。

 

 

世界のどんな人とでも共通して盛り上がれる話題

それが「出身地・地域ネタ」なのです。

 

 

 

 

「出身地・地域ネタ」の実用性をよく理解している人は、

自身の出身地についての情報だけではなくて、

相手の住んでいる町の情報、その他のできるだけ多くの地域の情報を

知るクセをつけています。

 

 

もし、相手が知らない地域出身であれば、

「そこは聞いたことのない、知らない土地ですね。

どんな街なんですか?」

「へえー。一体どんなものが有名なんですか?」

と、私も相手の出身地の情報を聞くように意識しています。

 

 

そうすることで、相手がどんな人間なのかと言う情報を知ることもできますし、

共通する新たな会話ネタを思いつくかもしれないからです。

 

 

そして、相手の育った環境や、地域の特性・文化など

自分の知らない「生き方」を知ることにもなりますので、

自分自身の視野が広がり、柔軟な思考を育てることができます。

 

 

 

 

また、相手も私から「教えて」と興味を持って聞かれることで、

私に対して気持ちよく自分の話を、好きなだけできるようにもなります。

 

 

それだけでもかなり長い時間に渡って雑談を続けることができますし、

相手は自分の話をすることで、満足した気持ちになるはずです。

 

 

「出身地・地域ネタ」を勉強することで、どんな人とも話ができるようになる

 

 

このように、「出身地・地域ネタ」

ただ単に便利な話題というだけにとどまらず、

目には見えにくい、けれども大きな効果が得られる様々なメリットがあるのです。

 

 

 

出身地・地域ネタで情報を全く持っていないという人は

この世界には一人もいません。

 

 

自分の出身地の情報だけではなく、さまざまな地方の情報も浅く広くで良いので

知識をつけるように意識してみましょう。

 

 

知らない土地に行った時や、話題に困ったとき、

どんな時でもあなたの助けになってくれる強力な武器になるはずです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ