見た目がブサイクでも、年を取っていても興味を持たれるようになる

スポンサーリンク

悲観的な考え方がクセになっていると、

 

「イケメンじゃないから誰も相手にしてくれない」

「私は可愛くないから、話しかけても相手は嬉しく思わないだろう」

「こんな年寄りに興味を持つ人間なんているはずない」

 

と、このような悲しい思考回路になってしまいがちです。

 

 

ですが、これは大きな思い込みであり、被害妄想です。

 

確かに、自分のことを全く知らないような

他人から話しかけられる回数に違いはあるでしょうが、

会話スキルを上達させれば、周りに自然と人が集まってきます。

 

 

ブサイクでも、しわくちゃの老人でも関係ありません。

見た目がどうであれ、人は人間が発する「魅力」を感じたら

その魅力を発する人に興味を持ち始めるのです。

 

 

 

 

例えば、アパートに一人で暮らすお年寄りがいたとします。

そして、エアコンと水道が壊れたので、

家主さんが工事業者に依頼をして工事が始まるとします。

 

 

ここで、お年寄りから何も話さずブスッとしていたり

何か文句を言ったり、ジーッとしかめっ面で見ているだけなら

工事に来た人達はことごとく

「なんだ。感じの悪い老人だな。」

「年をとったら本当にどうしようもなくなるんだなあ。」

「あぁ、本当にいやだな。見るのもつらい。」

と心の中で思ってしまうでしょう。

 

 

しかし、逆にお年寄りの方から笑顔で

「今日はありがとうございます。よろしくお願いしますね。」

と笑顔で挨拶にお礼を言ったりしたらどうでしょうか。

 

工事業者が受ける印象は一気に変わりますし、

居心地が段違いに良くなります。

 

 

また、そのお年寄りが

実は昔はバリバリの工事業者で職人としての経験があり、

面白おかしく昔の話をすることができたらどうでしょう。

 

きっと、初対面のお年寄りに対し、

「一体この人はどんな人生を送ってきたのだろう。」

と、誰もが興味を持ち、尊敬の念を抱くはずです。

 

 

このように、友好的な態度をお年寄りから発すれば、

相手から見下されることも態度が悪くなることもありません。

 

相手もニコニコしてくれ、素晴らしい対応と

工事を行ってくれるでしょう。

 

 

 

そして、こうした例は何もお年寄りだけの特権ではありません。

 

 

ブサイクで何も話さないと揶揄われそうな人が

面白い話で人を楽しませたり、

ここぞと言う時に場を盛り上げたり

周りを勇気づける発言ができれば

普通の人以上の効果があり、人から興味を持たれるようになるでしょう。

 

 

 

可愛くないと自分で思っている人も

常日頃から微笑みを絶やさずに

自分から人に優しく、楽しい態度で接していれば

人の自分への態度はまるで変わります。

 

 

その内にあなたが話しかけずとも、

あなたの姿を見つけた周りの人間から

勝手に話しかけられるようになるでしょう。

 

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ