男性との会話ハウツー方法 まずは男性という生き物を理解する

スポンサーリンク

手助けをしてやろうと手を出したり、

コミュニケーションを取ろうと話しかけたりすると、

「余計なことはするな!」と、なぜか急に怒鳴りだす男性という生き物。

 

 

あなたが女性なら、これまでに男性の生き方・習性・心理が理解できず、

対処法に戸惑ったという経験があるのではないでしょうか?

 

 

 

そんな男性と上手に楽しくコミュニケーションを取るためには、

まずは男性の習性・特徴を学び、理解することが先決です。

 

男性の心理学を知り、女性と一体何が違うのか?

その事をよく実感しておく必要があるのです。

 

 

そこで、今回は、男性とスムーズな会話をするのに重要になる

男性の性格・性質についてお話ししたいと思います。

 

 

男性と女性の関心事の差異 具体的な「能力」に惹かれる男性の性質

 

 

男性といえば、釣りや車、野球なのスポーツや最新型コンピュータなど、

女性目線から見れば、何の面白みも感じない退屈なものに興味・関心を抱きます。

 

 

逆に、女性が好むような占い、噂話、恋愛話、有名人の話、おしゃれなどに

強い関心を持つ男性は少数派です。

 

 

もっとも、最近は女性社会になってきましたので、

女性のモノの考え方や姿勢を学ぼうとする男性も増加してはいますが、

やはり比率を見れば男女の違いは歴然としています。

 

 

 

なぜ、男性と女性で興味を持つもの、関心を抱くものが全く異なるのか?

その理由は単純です。男女の脳の作りが原因なのです。

 

 

女性の脳感情によって支配されていますので、

空想の夢物語やロマンチックな雰囲気・イメージに強く興味を持ちます。

 

 

 

しかし、男性の場合は感情を理論で支配することができるため、

その時その時の感情の振れ幅には影響を受けず、

合理的な行動が取れるようになります。

 

 

そのため、雰囲気に酔いしれたり妄想に思いを寄せることよりも、

パソコンのスペックや競技の勝ち負け、ビジネスの順位や数字など

より優れた物質に注目し、また具体的な目標に集中できるようになっているのです。

 

 

 

 

「男って雰囲気が分からない。空気が読めない人が多い。」

男性に対してそんな風に思う女性は少なくないと思います。

 

 

しかし、男性を「つまらない」と女性が評価するのは至極当然のことだったのです。

なぜならば、男性は女性の重視する雰囲気や空気など

ほとんど気にしませんし、全く面白くないと思っているからです。

 

 

女性が「下らない」と毎度感じる「男性のプライド」 「達成感」無くしては男性は生きていけない

 

 

女性は男性の事を「プライドが高い」と評価することがあります。

 

 

最近は女性も社会進出してきましたので、男勝りな「プライドの高い女性」

が増加傾向にありますが、男性にプライドが高いと感じるのには、ある理由があります。

 

 

 

その理由とは、男性は生きるために「達成感を得るための目標」が必要不可欠だからです。

 

 

先ほど申しましたように、男性は具体的な目標、より優れた物質・能力に興味を持つ

お話ししましたが、女性におしゃべりや妄想が必要なように、

男性には目標を達成したり、新しい能力を手に入れたりすることで得られる

達成感が生きる上で非常に大きな喜びとなるのです。

 

 

 

男性は、自分で目標に向かって歩いている時、

一人で黙々と進み続けようと努力します。

 

 

もし、何か問題に直面しても、一人で考え、なんとか達成しようと

解決策を頭の中で常に考えているのです。

全ては最後に大きな達成感を得るために、です。

 

 

 

男性が一人で何かを達成しようとしていたときに、

誤って口を出したり手を出したりしてしまうと

怒らたり煙たがられたりした経験がある人もいるのではありませんか?

 

あの現象は、自分一人で目標に立ち向かい、

達成するという目標が台無しになってしまうからなのです。

 

 

男性と女性では、本能レベルで大きな違いがある 会話内容も当然違ってくる

 

 

以上、男性の性質・特徴の簡単なまとめでしたが、

興味関心ひとつとっても、男性と女性の間では

全くと言ってよいほどの違いがあります。

 

 

そして、本能レベルでこうした差異がありますので、

会話内容一つとっても大きな意識の違いがあるのです。

 

 

 

女性であれば、

 

「これくらい当然でしょ。」

 

と思う常識の範囲内の事が、男性では異様に感じるのです。

男性との会話に臨むときは、その事をしっかりと理解してから話すようにしましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ