男の援助を「いつもやってもらえてるし当然」と受け止めるのはNG行為

スポンサーリンク

長い間同じ仕事場で一緒に過ごしたり、

恋人同士の交際・同居生活が続いたりすると、

日頃他人からしてもらっている援助に慣れてしまい、

全くありがたみを感じなくなってしまいます。

 

 

しかし、日頃の感謝の心を忘れて過ごしていれば、

男性からも信頼を無くされ、

後で取り返しのつかない大変な目に遭ってしまうこともあるのです。

 

 

今回は、男性の些細な行動に感謝するべき理由と、

より男女間の仲が良くなる方法・コツについて、お話ししたいと思います。

 

 

男性の些細な行動に感謝しなければならない理由

 

 

男性は、女性とは違いプライドの高い生き物です。

そんな男性が進んで行っている善意に対して何も言わないというのは、

 

「彼の行為はほとんど無価値だ。」

「あなたの今の行動は日頃から当然のようにやらなければいけないこと。」

 

というメッセージを送っているのと同意とみなされます。

 

 

全く感謝されず、自分の行動には意味がなく、見下されていると感じた男性は、

その内善意を行うのが馬鹿らしく思えてきて、屈辱感を感じるようになります。

そうなると、日頃からあなたへ行ってきた援助をすっぱり止めてしまうようになるのです。

 

 

男性を積極的に動かすコツは、「無理のないお願いする→感謝する」の繰り返し

 

 

また、「男性に助けを求める方法 コツは「必ず口に出して伝える」」

の項でもお話ししましたように、

男性は自発的にあなたへ対して助けようと行動を取ったりはしない生き物です。

 

 

そこで、女性が男性に助けてもらいながら、なおかつ仲良くなる方法ですが

「無理のないお願いをする→感謝する」のローテーションを繰り返し行うのがコツです。

 

 

無理のないお願いをする時に肝心なのが、

決して上から目線で傲慢な態度で助けを要求しないことです。

命令口調で指示をすれば、男性のプライドは砕け、

耳を貸さなくなってしまうでしょう。

 

 

下手に出ながら「お願いできますか?」と言えば、

男性も快く動いてくれるでしょう。

そして、援助してもらった後は、どんなに些細な頼みであっても

「ありがとう!」と感謝の気持ちを込めて口に出して伝えましょう。

 

 

 

この繰り返しが、男性に日々満足感を感じて充実した気持ちにさせます。

時間は少しかかるかもしれませんが、地道な努力を続ければ、

今度は男性が自発的に助けてくれるようになっていくはずです。

 

 

なぜ、男性は女性の助けに応じるのか?援助が人間関係向上に繋がる理由

 

 

ここで疑問に思うことがあるかもしれません。

「なぜ、男性は女性の助けを聞いてあげることで、

もっと動いてくれるようになったり、より関係が仲良くなったりするのか?」

という部分です。

 

 

これは、女性が男性を頼りにしているという事が男性も分かるようになるためです。

つまり、女性が感謝の言葉を日常生活の中で態度や口に出すことで、

男性は自分に自信がつき、満足感・幸福感を得られるようになるのです。

 

 

「もっと達成感を得て、うれしい気持ちになりたい!」

と感じた男性は、積極的に感謝してくれる女性の力になろうとして、

それに素直に感謝する女性と仲良くなっていくという仕組みです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ