女性と男性の最大の違いは、ストレス発散の方法が異なること

スポンサーリンク

女性と男性では脳みその作り・神経の連絡通路が全く異なるため、

実にさまざまな部分で相違点が見つかります。

 

 

男と女は異質なもの同士ですので、

お互いの性別の特徴をしっかり押さえていないと、

分かり合うことは不可能とも言えるでしょう。

 

 

そこで、異性同士がお互いの事を知るための方法ですが、

まずは男女間で最も異なる要素のひとつと言われている

ストレス発散方法の違いを知ることがオススメです。

 

 

男性と女性のストレス発散方法の違いとは?同性の人間性なら理解できるけれど・・・

 

 

女性は他人との話し合いで、ストレスを外に発散する

 

 

仕事や学業で大きな壁にぶつかったり、

人間関係で大きなストレスを抱えてしまった場合、

女性はまず自分の話を他人に聞いてもらおうと、話し相手を見つけることから始まります。

 

 

女性は現在抱えている不安・不満を話題にして外へぶちまけることで、

気持ちを新たに切り替えてスッキリとした気持ちになることができるのです。

 

 

 

また、あなたが女性であれば分かると思いますが、

女性は自分の気持ちを他人に聞いてもらう時、

自分の話が聞き手に取って負担になることだとはあまり自覚していません。

 

 

それよりも、自分の気持ちを打ち明けることで

よりお互いを分かり合うことができるので、

友情・信頼の証だと認識する傾向があります。

 

 

しかし、もしストレス発散することを「友情・信頼の証」という感覚のままで

男性に言いたい事を言ってしまうと、男性にとっては非常に苦痛で辛いものになります。

なぜならば、男性と女性では「会話の目的」が全く異なるからです。

 

 

心の中に閉じこもって解決することが、男性のストレス発散方法

 

 

それに対して、男性のストレス発散方法は

今直面している大きな問題を心の中へと押し込めていき、

自分の殻の中に閉じこもることから始まります。

 

 

そして、自分の頭の中で一番の解決方法は何かをひたすら考え続けます。

このように、女性がストレスの原因を自分の外側へ出すのと反対に、

男性はストレスの原因を自分の内側へ持っていくのです。

 

 

 

その後、なかなかストレスの改善策を思いつけない男性は

一体どういった行動に出るのかと言いますと、

自分の興味のある分野へと思考をチェンジしていきます。

 

 

自分の興味ある分野とは、

スポーツ観戦やテレビ、ゲームやランニングなど、

男性自身が趣味としているものが対象になることが多いです。

 

 

基本的に男性は一度にひとつの物事にしか集中することができません。

そのため、何かに集中することで、抱えていた精神的ストレスを一旦忘れ、

体の全神経を趣味に没頭させていくのです。

 

 

ある程度の時間、趣味に熱中することができた男性は、

ストレスの事ばかり考えていたとき比べて頭が真っ白になり、

すっきりとした気分に切り替えることができるのです。

 

 

そうして心の余裕が持てるようになった男性は、

自分の力で心の殻の中から出てきて、再びいつも通りの姿を見せてくれるようになります。

 

 

男性が悩みっぱなしで上の空 「心ここにあらず」の状態はどうやったら元に戻るの?

 

 

男性は何かに集中していると、

その他のモノには全く注目することができなくなってしまいます。

女性の視点から見ると、不器用で情けないと思うかもしれませんが、

脳みその構造上、男性は注意を分散させることが非常に苦手という弱点を持っているのです。

 

 

そんな男性に悩みの種ができ、一人で考え事を始めると、

結構な長期間に渡って、女性の事など見向きもしなくなるという現象が発生します。

 

 

 

「男性の目線を私に向ける画期的な方法はないのか?」

「私ばっかり寂しい気持ちになっちゃう。一体どうすればいいの?」

 

 

残念ながら、一度離れた男性の心を戻すのはそう容易いものではありません。

なぜならば、この男性特有の「心ここにあらず」の精神状態は、

男性にとって殻に閉じこもって問題解決方法を考えているか、

ストレスを発散している真っ最中だからなのです。

 

 

 

男性が無口になった時の一番理想的な対処法は、

静かでリラックスできる雰囲気を作りながら、

そっとそばにいてあげることだけになります。

 

 

ただし、そんな男性が自ら話しかけてきたときは、

あなたを頼りにしてきた証拠でもありますので、

親身になって話し相手になってあげましょう。

 

 

男性の心理をよく理解し、配慮することのできる女性は

男性目線から見ると、とても魅力的ですし、非常に頼もしい仲間と認識されるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ