女の「地雷言葉」男を奈落の底まで落として傷つけるキツイ言葉例

スポンサーリンク

結婚してパートナーの旦那さんに不満を持つ奥様から、

つい恋愛中の彼氏に不満をブチ明けるレディ、

そして男性の不甲斐ない所を見る度に指摘してしまう女性まで、

男性の不可解で頼りない言動には口を挟まずにはいられない方も多いと思います。

 

 

今回は、女性たちの何気ない一言が、

どのように男性へ精神的ダメージを与えるのか、

具体的な言葉例を集めたので詳細を説明したいと思います。

 

これを読めば、あなたも知らず知らずの内に

男性に「キツイ性格の女性だ」と思われていることが発覚するかもしれませんよ?

 

 

めんどくさい男のプライドを傷つける、「女のキツイ一言・ひどい言葉例」

 

 

「どうしてこんなに待つ必要があるわけ?本当、待ちくたびれて疲れちゃったわ。」

「私のために予約しておいてくれたと思っていたのに、ガッカリ!」

 

 

大事な記念日の外食や、愛しの彼氏とのデートにて。

確かに、女性からすれば

 

「つまり、私を大切にしてくれていないの?」

「あなたの気持ちってこんなもんなの?」

 

と、ツッコミたくてしかたがない衝動に駆られるかと思います。

しかし、だからと言ってあまりにストレートな言葉で男性をキツく攻めると

男としてのプライドはズタズタに引き裂かれてしまい、

2人の恋愛関係にすっかり隙間が空いてしまうことでしょう。

 

 

 

男性は、自分が頼りない時、不甲斐ない時は

自分でもよく分かっているはずです。

 

 

自分の気持ちを間接的に少し言うくらいならまだマシですが、

できれば「大丈夫よ」余裕を持った女性ならではの優しい言葉で

男性を包み込んであげましょうね。

 

 

「ほら、見てみなさいよ。家の修理は専門の人にやってもらうのが一番よ。」

「あなたがまた余計なことをするから。あの人がいればできたのにねえ。」

「全然ダメね。違うわ、これはこうするのよ。ちょっと貸してみなさい。」

 

 

自宅の水道や電気・設備等を頑張って修復しようとした結果、

結局直らなかったことに不満をブチまける言葉。

または、何かをしてくれている男性の頼りなさを見かねて

つい自分の手でやってしまった場合です。

 

 

確かに、私達の目線から見れば、余計なことをせずに

さっさと専門業者を呼んで修理してもらいたいところです。

 

 

また、何かをしてくれている時も、あまりに動きがぎこちないと

イライラしますし、自分自身の手でやりたくなってしまいますよね。

 

 

しかし、だからといって努力して頑張る彼や夫に

無慈悲で無神経な感想を直接伝えるのは好ましくありません。

 

 

 

「頑張ったけれど、一般人じゃ難しいよね。」

「ありがとう。でも無理なら業者の人に頼んでみる?」

 

 

男性の頑張りを褒めて、認めてあげた上で、

自分の気持ちを言葉で伝えたり、

今後の解決策について一緒に話し合おうとする姿勢を見せるのがベターです。

 

 

「どうして毎日休みなく働くの?そんなに仕事が好きなの?」

「あなたって私のこととかどうでもいいのよね。仕事仕事ってバカみたい。」

 

 

家で延々と帰りを待つ女性の気持ちは寂しくて仕方がないと思いますので、

仕事人間の旦那・彼氏にはどうしても不満が出てしまいますよね。

 

 

でも、あなたもお分かりの通り、

男性も毎日好きで仕事をやっているわけではありません。

生活のために、毎日イヤイヤながらも続けていることが大半です。

 

 

ですので、いくら自分の気を引こうと思っていても、

男性の目標やプライドをバカにした発言をすることは本末転倒です。

 

 

 

「仕事いつも忙しくて大変だよね。」

「なかなか休みが取れないけれど、次の土日はすごく楽しみにしてるから!」

 

 

男性の生きる術である目標・プライドを尊重・重要視していることを言葉で伝え、

その上で自分の気持ちを優しいニュアンスで伝えましょう。

 

 

健気に自分の事を待ってくれる女性を持った男性は、

そんな女性のきめ細やかな気遣いと態度に心底感謝しています。

そして、男共はいつも以上に仕事を頑張り、女性を優しく扱うようになるでしょう。

 

 

男性は女性が思うよりも単純で単細胞 そして扱いやすい、愛すべき馬鹿である

 

 

しかし、こうして男の傷つく言葉例を見ていくと、

男性が思った以上に単純で、扱いやすい生き物なのかが分かるかと思います。

 

 

これは男性の習性、本能なので、そこを上手く利用すれば

男性は女性の手のひらの上で、意のままに操られてしまいます。

しかし、このページをご覧になった女性諸君は、

男は単純な生き物だからこそ、バカだと見下さずに

愛すべき馬鹿だと思って優しく接してあげてくださいね。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ