男性にはカチンとくる、女性にとっては同じ意味の言い回し態度とは?

スポンサーリンク

「あなたはお庭の水やりできるかしら?」

「あなた、お庭の水やりしてもらえる?」

 

 

上の言葉例は、あなたの性別が女性の場合、

全く同じ意味で、全く同じニュアンスで話しているように聞こえるはずです。

そして、どちらかといえば前者の言葉の方が、丁寧で親切な言い回しに感じるでしょう。

 

 

しかし、あなたの性別が男性の場合、

前者の言葉を投げかけられても、全く水やりを行うような行動は起こしません。

それどころか、前者の言葉にカチンと頭にきて、

話し口調やその場の状況によっては苛立ちすら感じる可能性があります。

 

 

 

女性目線では何の問題もない上記の会話例。

一体なぜ、異性間で言葉の感じ方にこれほど違いが表れるのでしょうか?

 

 

「回りくどくて嫌らしい」嫌われる女性の言葉遣い・言い回し

 

 

先ほどの会話例では、男性ではコミュニケーションのすれ違いが起きるのに対して、

女性では何の問題もありませんでした。

 

 

なぜ、女性では何の衝突も起きないのか?

それは、女性は会話の本当の意味、

間接的な言葉の真意を掴むことができるからです。

 

 

女性の独特の言い回し・言葉遣いを、女性脳で解析した結果

 

 

女性が「間接的な言葉の意味を理解できる」とは、一体どういうことなのかと言いますと、

女性は次のように言葉の意味を解釈します。

 

 

「あなたはお庭の水やりできるかしら?」

「あなたは今水やりを手伝うことができる?できたら助かるんだけど、やってもらえる?」

 

 

こうして、言葉を正しく翻訳することに成功し、

会話の本当の意味を感じ取ることができた女性は、

「うん、できるよ。」「わかった。もう少ししたら手伝うよ。」

と、相手の要望・期待に素直に応じることができます。

 

 

女性の間接的な言い回し・言葉遣いを、男性脳で解析した結果

 

 

それに対して、男性が女性の言葉を聞いたら、次のように解釈してしまいます。

 

 

「あなたはお庭の水やりできるかしら?」

「あなたは水やりという行為をマスターしていますか?」

「どうやったら良いか分からないわけではなく、

きちんとした正しい作法で実践することはできるのですか?」

 

 

女性の言葉を上のように解析した男性は、

「うん。できるよ。(そんなもん、できるに決まっているだろ。馬鹿にしているのか?」

と、不機嫌そうな表情で返事を返します。

 

 

このように、男性は女性とは違い言葉の本質、裏の意味まで探知することができないため、

女性間で話すのと同じように言葉を発してしまうと、

言葉の意味を勝手に取り違えてしまいます。

女性が全く気づかない内に、実は男性側はイライラしてしまうのです。

 

 

男性に誤解されない方法 機嫌を悪くさせないようにするコツ

 

 

男性は、女性の発した言葉の裏にある意味を理解することができません。

なぜかというと、男性は必要な時に、必要最低限な会話しかしないようにしてきた

合理的で効率的な言葉の文化が発達してきたからです。

そこに「気持ちを労わり合う」とか「痛みを分け合える」といった概念は存在しません。

 

 

そのため、自分の意思を汲み取ってくれない男性に

八つ当たりを起こしたり、ヒステリーを起こすのは、とても賢明な判断とは言えません。

そんな暴挙に出てしまえば、お互いの距離はさらに離れてしまうでしょう。

 

 

 

そこで、男性に誤解させずに頼み事をお願いしたり、

男性の機嫌をむやみに悪くさせないようにするには、

間接的な言葉遣いは避け、直接的な話し方で自分の意思を男性に伝える必要があります。

 

 

冒頭で例に出した会話例で言えば、

「あなたはお庭の水やりできるかしら?」

よりも、

「あなた、お庭の水やりしてもらえる?」

の方が、より直接的なアプローチと言えます。

 

 

後者の言い回しの方が、

文章を読んだだけでもお願いされていると誰もが理解できる内容なので、

論理的に物事を考える鈍感な男性も、女性の要望に容易に気づくことができるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ