味方を増やす女性の小悪魔的テクニックとは?男性に助けてもらうコツ

スポンサーリンク

同性間ではごく普通の女の子なのに、

男性には異様なほどかわいいアピールをして、

男から好かれている小悪魔的な性格の女性っていますよね。

 

 

あそこまで露骨に態度を変化させるのは、

後々の人間関係に問題が生じるかもしれません。

 

 

しかし、小悪魔的な性格の女性は、

現状を見てみると、女性の評判がいくら悪くても、

男性からは積極的に助けられたり声をかけられたりしているので、

異性からの評判はすこぶる良いように見えますよね。

 

 

事実、そういった性格の悪いと言われる女性は、

女性には見え見えのあざといテクニックでも

男性には絶大な効果がある「何か」を実践・行動しているために、

それだけ好かれていることになります。

 

 

 

女性であれば、男性から大事にされたいし、

できれば仲良くなりたい、サポートしてほしいと思いますよね?

 

 

やりすぎは禁物ですが、

小悪魔的な性格の女性が駆使するテクニックを意識して使いこなせば、

あなたも男性から、これまでとは違った目で見られるようになるはずです。

ちなみに、同性から見ても性格が良い人だと評判で人気のある人は、

同性でも異性でも、無意識にどんな人にもこの方法を使っていたりします。

 

 

男性の味方を増やす小悪魔的テクニックとは?

 

 

見た目が可愛い女性が男性に注目されるのは致し方ありません。

しかし、いくら外見が可愛くても、性格が悪かったり男勝りだったりすれば、

男性はすぐさま尻尾を巻いて逃げていってしまいます。

よく女性が勘違いすることがありますが、男性だってただの使いっパシリは嫌なのです。

 

 

それに比べて、女性の中には容姿はそれほど抜群というわけではないのに、

男性から絶大に支持を受け、好かれている人もいます。

その上、その女性が頼み事をすると、ほとんどの男性は喜んで引き受けるし、

さらには積極的にその女性の力になろうとする人もいるほどです。

 

 

なぜ、これほどまでに男性を味方につけることができるのか?

その理由は、助けてくれた男性に対して心から感謝の意を表しているところにありました。

 

 

男性を味方につけ、協力的になってもらうコツとは?

 

 

前ページでもお伝えしましたが、

男性は、女性からは想像もできないくらい単純で、鈍感な生き物です。

 

 

そんな鈍い特徴を持つ男性を喜ばせる一番の方法は、

回りくどくて間接的な話の内容でも、男性には見えない、感じ取れない親切心でもありません。

男性の行為を認めてあげて、協力してくれたことを直接褒めてあげることなのです。

 

 

そして、ここでただホメるだけではいけません。

男性を「ヒャッホーイッ!」と簡単に心の底から喜ばせる女性の言葉例

でもお話ししたように、微笑みながら「いつも本当にありがとう」

と心を込めて感謝の意を伝えることが重要です。

 

 

 

男性に何かを手伝ってもらった後、

ただ単に棒読みで「ありがとう」と言った挙句、サッと立ち去ってしまえば

男性の喜びも半減してしまいます。

 

 

しかし、男性に熱狂的ファンのいる小悪魔的な女性を見てみると、

男性に対してどのような態度を取っているでしょうか?

 

 

 

「ありがとうございました。○○さんって本当にいつも頼りになりますよね。

 ○○さんのそういう優しい所、私は尊敬してますよっ。」

 

 

といった感じに、ノリノリでウキウキした優しくも明るい雰囲気で、

男性にこれでもかという位の勢いで言葉をかけているはずです。

 

 

女性の視点から見ると、

 

「なんだかわざとらしい。」

「あざといったらありゃしない。」

 

と感じるかもしれません。

しかし、男性はと言うと、女性の感謝の言葉と笑顔の表情に

正直嬉しいと感じていて、心の中ではデレデレしてしまっているのです。

 

 

 

その一部始終を見た女性は

 

「だらしない。」「くだらない。」

 

と幻滅してしまうかもしれません。

 

しかし、それほどまでに単純で馬鹿な生き物が「男性」の本性・性質なのです。

男性は、いつでもどこでも、自分の存在を、

できれば自分自身の能力を誰かに認めてもらいたいのです。

 

 

男性が女性に魅了される状況を

「骨抜きにされる」という言葉で表しますが、

こんな簡単で単純なコツひとつで、文字通り男性はメロメロになってしまうわけなのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ