男性を「ヒャッホーイッ!」と簡単に心の底から喜ばせる女性の言葉例

スポンサーリンク

女性目線で男性を観察すると、

男性は感情に乏しく、何を考えているのか理解できない

退屈な人間に感じることが多いと思います。

 

 

何を言っても、どんな反応をしても、

男性から思ったようなリアクションが返ってこないことは日常茶飯事です。

そんな男性の反応を上げ、心から喜んで貰う方法なんてあるのでしょうか?

 

 

男性を心から喜ばせる方法 女性ができる簡単なテクニックとは?

 

 

結論から言いますと、

無反応な男性でも、無口で寡黙な男性でも、

男なら簡単に心から喜んで貰う方法はあります。

 

 

それも、たった一言話すだけの簡単な方法です。

そんな魔法のような言葉とは、一体何なのでしょうか?

 

 

 

 

その言葉とは「ありがとう」です。

何かある事に、女性が微笑みながら男性に「ありがとう」と感謝の言葉を

伝えることは、男性にとって天にも昇るほど嬉しい出来事なのです。

 

 

 

「でも、今まで男性に「ありがとう」って何回も言った覚えがあるけれど、

全然反応なくて、嬉しくなさそうに見えたよ。効果なんて本当はないんじゃないの?」

 

 

それは、男性は恥ずかしくて顔に出さないだけであって、

本心ではとても喜んでいるのです。

男性は時に、女性から感謝されたときのベストな反応を知っていないために、

変な人間に思われないよう、わざとクールぶる時があるのです。

 

 

女性も、好きな男性から変な性格だと思われるのは嫌ですよね?

どんなぶっきらぼうな男性でも、その「恥じらい」の気持ちは少なからず持っています。

男性は、女性が思っている以上に恥ずかしがり屋で、シャイな性格の人が多いのです。

 

 

男性を喜ばせる手段に、難しいテクニックは必要なかったという事実

 

 

以前にもお話したことがありましたが、

男性は、女性が思っている以上に単純で、分かりやすい性格です。

 

 

そんな鈍感な男性を喜ばせるのに、あれこれと工夫を重ねた手段を考えたり、

いろんな計画を立てたりする必要はほとんど無いのです。

 

 

せっかく一生懸命考えたサプライズも、

彼は私の努力や気持ちに全く気付かないまま終わっちゃった、

なんてこともあるくらいです。

 

 

それよりも、男性が日頃から行っている善意から出る行動や、

何か手助けしてくれたときに笑顔で「ありがとう」と言う方が

あなたの気持ちはずっと簡単に伝わります。

 

 

男性の行いを日頃から褒めて上げることが、男性にとって一番嬉しい出来事

 

 

つまり、一番効率良く男性を喜ばせることができ、なおかつ一番簡単な方法とは、

日頃から「ありがとう」と感謝の気持ちを笑顔で伝えることだけなのです。

 

 

家の掃除をしてくれた時

洗い物のお手伝いをしてくれた時

学校でノートを貸してくれた時

電車で席を譲ってもらった時

仕事を一緒に手伝ってくれた時

ドアをすすんで開けてくれた時

気遣いの言葉をかけてくれた時

 

 

どんな些細な事でも、男性は女性から感謝されると非常に喜びます。

そして、男性は日頃から感謝され続けることで、

自分の存在には価値がある事を再確認することができます。

つまり、女性の心からの感謝の言葉は、男性の明日を生きる活力となっているのです。

 

 

 

ちなみに、女性が重いモノを持ってくれた時、

男性が手を貸すというシチュエーションはいろんな所で目にしますが、

実はこれは女性目線だけではなくて、男性目線でも嬉しいからこそ、

多くのメディアで使われている場面なのです。

 

 

重いものを男性が軽々と運んでくれた時、

女性にとっては「きゅん」とくるのかもしれません。

 

 

しかし、そこで女性が男性の顔を見ながら「いつも本当にありがとうね。」

と微笑みながら言ってくれる状況に、

男性は「ヒャッホーイッ!感謝されちゃったよーッ!」

と、雄たけびを上げて嬉しがっているのです。

その時、いくら男性が表面的にクールな人間を演出していたとしても、です。

 

 

 

同じように、可愛い女性がニコニコ愛想よくすることで、

男性に何でも許してもらうような場面を見た経験がありませんか?

 

 

男性なら一度は体験したことがあるかもしれませんが、

頭では分かっていても、かわいい女性にニッコリ微笑み返されたら

男性は思わず何でも許してしまいそうになります。

 

 

女性目線で見れば本当にチョロイと感じるでしょうが、

男性がいかに単純で馬鹿な動物なのか、

こういった場面からもお分かり頂けるのではないでしょうか?

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ