男性に助けを求める方法 コツは「必ず口に出して伝える」

スポンサーリンク

もし、あなたの性別が女性であれば、

友達や同僚など、仲間意識のある人間が悩んでいた時、

進んで手を貸して助けようとするのではありませんか?

 

 

人は一人して同じ性格の人はいませんし、同棲でも個人差がありますので、

助ける範囲には違いがあるでしょうし、

「困ってそうな人がいても決して助けない。」

という考え方を持つ女性の方もいらっしゃるとは思います。

 

 

 

しかし、男性の平均と比較すれば、

女性は他人にも手を差し伸べ、 少し無理をしてでも協力しようとする傾向が強いです。

 

 

それでは、なぜ男性は女性と比べて進んで助けようとしないのか?

その理由は、男性と女性の文化の違いが原因だったのです。

 

 

今回は、女性目線で見ると「助けるのが遅いわ!」と突っ込みたくなる男性の心理と、

男性から上手に助けてもらう方法・コツを解説したいと思います。

 

 

男性が人を助けようとしない理由 男は薄情で冷酷な性格なのか?

 

 

男性の地雷を踏み、怒りを買わない方法 怒る男性の心理とは?

の項でもお話ししたことがありましたが、男性は基本的に

 

「一人で自分の実力を周りに証明したい。」

「 一人で目標を達成して、幸福感を得たい。」

 

という欲求・価値観を持っています。

 

 

そのため、例え悩み苦しみながらでも、

目的としているモノへ向かって進む人に対して勝手に手を出すのは、

 

「非常識で迷惑な行為」「邪魔で侮辱的な行動」

 

と見なされるという見方を持っているのです。

だから、男性は頑張る人に対してむやみに手を貸そうとはしないのです。

 

 

 

また、男性が進んで助けようとしないもう一つの原因に、

他人が困っているという事実に全く気づいていないという可能性もあります。

 

 

これは、男性が一つの事にしか集中できない脳を持っていることと、

普段から自分一人の頭で考えるクセがついている人が多いので、

周囲の状況に鈍感になっているんですね。

 

 

たまに注意力が足りないボーっとした男性って見たことありませんか?

女性にもそういう人がいると思いますが、

ボサッとしている人は、実は男性にも多いんですよ。

 

 

つまり、男性は決して全員が性格が悪くて意地悪しているわけではなくて、

人生の経験や脳みその特徴から、

自然と限界まで助けようとしない習慣が身についているというわけなのです。

 

 

女性が男性に助けを求めるテクニック 実は簡単な方法で実践できた

 

 

男性は、基本的に自分から手を貸すことはほとんどありません。

しかし、相手から助けを求められたり、

誰が見てもどうしようもなく追い詰められている状況の場合は

進んで助けようとするのです。

 

 

女性の視点で見れば、

もう限界ギリギリというシチュエーションで助けに来る男性の姿を見て、

「おせーよこの野郎!!」

と思うかもしれません。

 

 

しかし、ぎりぎりの所まで待って、

どうしようもないと分かったときに手を出す行為は

男性にとってはごく普通の行動なのです。

むしろ、助けてくれるだけ有り難いという感じです。

 

 

 

そこで、女性から男性に助けを借りる場合は、

男性に「助けてほしい」という気持ちを分かってもらうためにも、

声に出して、直接「○○を手伝ってほしいです。」とお願いすることがセオリーです。

 

 

そして、ここが一番大切なポイントかもしれませんが、

男性に助けて頂いた後は、必ず心を込めて

「ありがとうございました。」

と感謝の言葉を伝えましょう。

 

 

誠意を込めた感謝は、助けた男性にとっても大きな自信につながるので

とてもありがたいと感じられます。

そうすることで、今後も助けを呼んだら積極的に手を貸してくれるようになるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ