男性との会話のコツ「論理的」な内容を話すよう心がけるべし

スポンサーリンク

男性と女性の会話の話し方に、

「論理的に話す」か、それとも

「感情を込めて話す」か、重要視する価値観の違いがあります。

 

 

そして、重視する価値観に違いが出れば、

それは話し方に色濃く反映され、

双方にとってコミュニケーションの障害となり得るのです。

 

 

今回は、女性と男性の話し方の違いを詳しく解説した後、

女性が男性と上手におしゃべりするにはどうすれば良いのか?

その具体的な会話のコツについて説明していきたいと思います。

 

 

女性と男性の話し方の違い解説

 

 

女性は話したい内容の「雰囲気」「感情」を伝えようとする

 

 

まず、女性が会話をするとき、

男性とは明らかに異なる点があります。

 

 

それは、会話の内容が発生した当時の感情が、

今この場で分かるような態度で話し始めることです。

 

 

 

女性にとって、会話の目的は自分の気持ちを分かってもらい、

その時々の体験・雰囲気を共有し、協調し合うことにあります。

 

 

そのため、例えば理不尽な出来事が発生した体験談を話す時は、

話し相手に怒りの感情を露わにしたような、臨場感あふれる話し方をするのです。

 

 

男性の会話目的は「簡潔に内容・結果を伝える」こと。ただ一点のみにある

 

 

それに対して男性の会話目的は、

「簡潔に内容・結果を伝える」この一点のことのみに集中しています。

 

 

そのため、話し方は女性と比較すると淡白で、味気ない淡々としたしゃべり方になりますが、

「会話の内容・目的・結果」を知りたい人にとっては、

感情が入っていない話はスムーズに聞き取れるため、

言いたい事が非常に分かりやすくストレスを感じさせません。

 

 

そのため、スピードや情報が命となるビジネスや社交の場において、

この男性の論理的な会話テクニックは非常に優れた武器にもなるのです。

 

 

なぜ、男性は女性の会話を聞くことを敬遠するのか?嫌だと思うのか?

 

 

以上解説しました通り、

女性の会話は「いかに気持ちを分かりやすく伝えるか」にありますので、

内容や結果について率直に聞きたいと思っている人(特に一般男性)には、

非常に回りくどくて面倒くさい会話に聞こえてしまいます。

 

 

そして、逆に女性目線から見れば、男性同士の会話は

 

「なんかつながっている感じがしない。」

「終始ペースが同じだから、一緒にいておしゃべりしても楽しくない。」

 

と不満を持ってしまうのです。

 

 

このように、男性と女性が混合で話をする時は、

双方が求めているものとは全く違う答えを出しているので、

不安感・不信感が生じ、すれ違いやケンカが起きやすいというわけなのです。

 

 

女性が男性と会話する時のテクニック 対男性の話し方のコツとは?

 

 

しかし、以上お話しした男女の会話の特徴を抑えていれば、

男性と何をどのように話せば良いのか、その対処法やコツというものがわかってきます。

 

 

男性と会話する時のテクニックですが、

できる限り感情的になって想いを露わにしながら

好きなように話すのは避けるべきです。

 

 

女性同士で話す時は良いかもしれませんが、

「気持ちを分かってほしい!」と、感情をぶつけるような話し方をすれば、

 

「なんだ?この女は私に対して怒っているのか?

 しかし、そうだとすれば私に対して怒り狂う意味が分からない。」

 

と、たちまち男性側は混乱してしまう結果となるでしょう。

 

 

 

男性と話す時は、

まず会話の結論・一番大事な所を抑えて内容を説明した後に、

その時のシチュエーションや一人称視点で考えた自分独自の考え方などを

徐々に話していく方法がおすすめです。

 

 

会話のはじめに会話の結論・おおまかな話の内容を教えてあげれば、

 

「あ、そうなんだ。そんなことがあったんだ。」

「じゃあ、その時のあなたはどんな気持ちだったの?」

 

と、男性の方も内容を順序良く理解しながら、

あなたの話に合わせていくことができるはずです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ