男性が無言で無表情 彼や夫が静かでも、不安になる必要は全くない

スポンサーリンク

男性は悩んだり、考え事をしている時、

もしくはストレスが溜まって精神的に疲れている時は

無言で無表情になり、静かになるという特徴があります。

(参考記事:なぜ、男性はおしゃべりをしないのか 男が家の中で話さない理由

 

 

それに比べて女性の場合は、同じような場面に直面した時、

誰かとおしゃべりをすることでストレスを発散したり

悩み事を解消しようと行動を起こします。

 

 

旦那(夫)や彼氏、または職場の同僚などに男性がいる場合は、

身近な人がずっと黙りこむ様子を見ると、女性目線では不安に思いますよね。

 

 

しかし、男が自分の話をしなくても、あなたの話を真剣に聞いていなくても、

あなたが思った以上に心配して気を回す必要は全くないのです。

なぜならば、その時男性は決して不機嫌で怒っているというわけではないからです。

 

 

男性が話すのを止めた時の対処法 静かな男性の対応策

 

 

冒頭でも申しましたように、

男性が話に注意がいかなくなり、黙る状態になるのは

決して機嫌が悪くなって怒ったからではなくて、悩み事や考え事を始めたことが原因です。

 

 

女性と男性の最大の違いは、ストレス発散の方法が異なること

の項でもお話ししましたが、

男性と女性の間ではストレスを発散する方法が全く違います。

女性がおしゃべりをするのに対して、男性はおしゃべりを中断するのです。

 

 

 

そのため、男性が無言になって話をしても上の空のような状態になった場合は、

女性同士のコミュニケーションを元にした対処法を行ってはなりません。

 

 

男性が自分の殻の中に深く閉じこもり、何か問題の解決方法を模索しているような時は、

その真剣勝負の時間の邪魔をしないように、じっと静かにしてあげてください。

静かな状態の男性の対応策とは、リラックスできる静かな空間を提供することにあるのです。

 

 

女性が勢いに任せてペラペラとおしゃべりを加速させるのはNG行為

 

 

しかし、急に黙り込んでしまった男性を見た女性は、

 

 

「私と会話をする気が無いという事は、私の事が嫌いになったということなのね。」

「そんなに私の事を無視したいのなら、もう勝手にやってください!」

「どうせわたしの事なんか、どうでもいい存在と思っているのね。」

 

 

と、男性が想像もつかないレベルの勘違いをしているケースを多く見かけます。

男性にとっては、静かに頭の中で考え事に集中している最中、

女性が不安と心配の感情が渦巻き、ついには自分の事に愛想をつかすことなど

全く想定外で理不尽に思える出来事でしょう。

 

 

そこで、男性から「ヒステリックで残念な女性」という烙印を押されないために、

男性が女性側の話に全く無関心になったとしても、

変に妄想したり、不満に思ったりしないことです。

 

 

 

女性側から

 

「何考えてるの?」「何かよくないことでもあったの?」

 

と質問した時、男性側が

 

「何もないよ。」「別に。大した問題じゃないよ。」「心配しないで。」

 

と、素っ気ない返答が来た場合は、

まず男性は自分の心の中で考え込む状態に陥っていると考えて間違いありません。

 

 

ここで、男性が黙り込んで無口になったからと言って、

しつこく何を考えているのか聞いたり、女性側の主張を繰り返ししゃべり続けるのは

くれぐれもしないよう気をつけてあげてくださいね。

身の回りが騒音だらけになることは、男性にとって非常に邪魔で苦痛な環境なのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ