あなたが上手く話せない本当の理由

スポンサーリンク

あなたはこんな経験をしたことはありませんか?

 

 

小学生の頃から付き合いが続いている親しい友人とは

自然に楽しく話すことができている。

 

でも、誰も知らない所へ行って、見知らぬ人に話しかけられると

何を話したらよいのかわからず、急にオドオドしてしまう。

 

自分が苦手だと思うタイプの人を見ると緊張するし、

話をすることすらできなくなる。

 

 

 

こういった経験をするのは、実はごく普通のことです

あなたが上のような事を経験していたら、

それはあなたがいたって普通の人間だということを表しています。

 

 

 

なぜならば、自分の良く知らないタイプの人間と話す方法を

あなたは知らないから、この現象が起こるのは当たり前なのです。

 

 

あらゆる状況に応じた会話方法というものを

あなたは知識でも経験でも知っていないから

とも言えます。

 

 

 

では、どうしてあなたは会話の知識も経験も知らないのか。

 

 

 

 

その答えは簡単です。

あなたがこれまで一度も会話術について

誰からも教えられてこなかったからです。

 

 

 

日本国内の教育は、学術の知識を詰め込むだけで

コミュニケーション力やスピーチ力を高めるクラスというものが存在しません。

 

 

その点、海外ではスピーチや会話のクラスがあります。

海外の人達が誰とでもフランクに話せるのには

そういった教育環境の違いもあったんですね。

 

 

 

それに比べて、会話の知識を学び、会話の技術を磨く

という環境や文化は日本にはありません。

 

 

そのため「あなたから見てある程度誰とでも話せる人」

実を言えば、自分で積極的に人とコミュニケーションを取るうちに、

なんとか会話する方法を掴み取っているに過ぎないのが現状なのです。

 

自分の会話に確固たる自信・確信というものがありません。

感覚・勘だけをたよりにコミュニケーションを取るので、

つまづくことも多いですし、苦手な人とはずっと距離を置きっぱなしで、

結局自分の関わり易いタイプの人間としか仲良くなれません。

 

 

そして、世間で活躍しているサラリーマンやOLのほとんどが

会話が上手くできないことに悩んでいます。

 

 

 

実は、会話下手で悩んでいるのはあなただけではなく、

意外にも世間一般の人達に言われているんですよね。

 

 

 

ですから、あなたが会話下手なのは

あなたにコミュニケーションの才能がないわけではなく、

人付き合いが生まれつき苦手なわけではなく、

正しい会話法というものを学んだことがないからなのです。

 

 

 

 

ですが、逆に言えば、

海外の人達を見習って自分から会話について真剣に学ぶ姿勢を取れば

会話力はみるみるうちに高まっていきます。

 

 

また、ここは日本です。

あなたがどれほど会話や人付き合いが苦手でも、

積極的に会話を勉強し、ちょっと会話ができるようになれば

周囲の人達はきっと驚き、あなたへの評価を改めるでしょう。

 

会話についてまともに勉強した事のない人なんてすぐに追いつき、

逆に周りがあなたのことを憧れるようになっていくでしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ