会話のコツは自分に自信を持つこと

スポンサーリンク

まず、会話スキルが高く、雑談上手な人

会話下手な人よりも自信がないというケースは少ないです。

 

 

コミュニケーションに苦手意識があると

自分自身のことを表現する力も弱くなります。

そうなると、自分の理解者も少なくなり、交友関係は極端に少なくなるのです。

 

 

ですので、会話以外の自分の能力によっぽどの自信があったり

自分だけの居場所がある人を除いては、

会話に何の苦手意識もない人と比較すると、どうしても自信を無くしがちです。

 

 

 

 

会話に自信がない人が会話をするためには、一体どうしたら良いのか。

 

 

その答えは「自分に自信を持つ」ことです。

 

 

 

「自信がないから話せないのに、自分に自信を持つなど不可能だろう。」

と矛盾に思うのも無理はありませんが、

「根拠のない自信」を自分に思い込ませることなら、できるはずです。

 

 

 

「そんな無茶苦茶な」

と思うかもしれません。

 

しかし、「根拠のない自信」とは、具体的に言うと

「きっとうまくいくだろう」

「とりあえず自分からやってみよう」

というような事を思えばよいのです。

 

 

つまり、「根拠のない自信」とは、簡単に言うと

極端なマイナス思考を辞めて、行動している時くらいはプラス思考になりましょう

ということです。

 

 

 

 

人がたくさんいる所、例えば学校や会社に行く前日に

「何か大変なことがあったらどうしよう。」

「私が話しかけたばっかりに、大勢の人に嫌われたらどうしよう。」

と心配事を考えるのは、マイナス思考が身についてしまった人には

致し方ないと思います。

 

 

ですが、当日になって、人と今話しているその時にも

同じような心配事ばかり考えていたら、会話の話し方や話す内容に集中できず

たどたどしくて、客観的に見ても自信がなさそうに見えてしまいます。

自分が何か不安や心配事を考えていると、その雰囲気は必ず相手も察知します。

 

 

 

「大丈夫かな。この人。」

「ちょっと危ない人なんじゃないか?」

せっかく話しかけたというのに、こんな風に思われたら元も子もありません。

 

 

見た目とは裏腹のギャップを見せて「オオッ!!」

と思わせるテクニックも確かに存在しますが、

こうも第一印象が極端に悪いと、巻き返しも難しくなります。

 

 

 

逆に、気合を入れ過ぎてもイケません。

第三者の目線から見て、ガツガツはしてないけど

人と自然にコミュニケーションを取ろうとしている、

人当たりの良さそうな印象を目指してください。

 

 

 

 

自信を意識して持つというのは

はじめての方には難しいかもしれませんが、

何度か試していくと、こういう感じで話せばよいのかな?

と段々コツがつかめてきます。

 

 

自分なりの自信のある態度がある程度作りだせれば占めたものです。

一人で寂しそうに座っている人、静かでぽつんとしている人を狙って

思い切って話しかけてみましょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ