会話は完璧にこなす必要は全くない

スポンサーリンク

今の時代、日本では

人は子供の頃から完璧を求められるような環境で育てられます。

 

 

小学生の頃から塾や習い事など、使えるお金があればどんどん英才教育を施し、

私立の中学受験に挑む子供も多いです。

 

 

私立へ行かなくとも、高校受験、大学受験が待っています。

学校は全て学力でランク分けされており、

自分がどこの学校へ行ったかで自分の実力がモロに露出しますし、

その後の進学先や就職先にも大きな影響が出てきます。

 

 

受験戦争が終われば、今度は就職戦争です。

一流の大学で高成績を上げた人は、優秀な人材とみなされ

大手企業や国家公務員のエリート階級へと就職できます。

 

 

社会人になれば、その差はさらに顕著になって表れます。

大企業や国家のエリート階級の人間は

待遇も手厚い場合がほとんどで、一生お金に困らない豊かな暮らしができます。

 

一方、学生時代に良い成績を収めることができなかった人間は、

民間の中小企業で、資金繰りの厳しい会社に就職すれば、

給料は雀の涙ほどで、結婚する余裕すらない人もいます。

 

 

 

この日本の進学・就職システムは、完璧主義国家日本の良い例のひとつでしたが、

それ以外でも、様々なところで人は人と常に比べられ、

完璧でなければならないと、暗黙の内に教育されてきます。

 

 

 

 

確かに、自分の将来を決める学業

人のために働いて、お金をもらう仕事では

より完璧を目指して努力することは望ましいです。

 

 

しかし、日本は「完璧」の度合いが、海外と比較しても

異様なほど高いので、無意識の内に完璧でなくとも良い事でも

完璧でなければならないと思い込んでしまうのです。

 

 

 

その最たる例が、人とのコミュニケーションです。

私達が今、必要としているのは「人と仲良くなるための会話」の能力ですよね。

 

 

楽しいことを話して、一緒に笑いあえる友達になる。

会社の上司や部下とも仲良くなって、気軽に話せるようになる。

家族とも理解し合え、充実した毎日を過ごせるようになる。

 

私達が必要としているのは、これらの目標を達成するために必要な会話能力のはずです。

 

 

 

相手と交流するために、失敗は許されず完璧な話し方が必要になると思い込み

ガチガチになっていれば、他人と楽しくコミュニケーションがとれるでしょうか?

 

 

絶対に無理ですよね。

そうです、人と交流する時に使うような雑談程度の話は

完璧を求めず、ある程度適当に話す方が上手くいくのです。

 

 

また、完璧を求めた話し方で上手くいっていたとしても、

一回の失敗で悩み苦しむようになり、ストレスも非常に溜まるでしょう。

ストレスが溜まっていけば、身体を崩し、いずれ会話することを辞めかねません。

 

 

 

あなたも、会話を上手になろうと思っていざ実践しようとしていた時、

完璧を目指して神経質になっていませんか?

 

人と楽しいひと時を過ごすためにする雑談は、

頑なな考えにこだわり過ぎず、力を抜いて気軽に話すことがコツのひとつです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ