ヒステリーで大嫌いな女性を黙らせる方法・対処法

スポンサーリンク

基本的に女性は感情や雰囲気に流される生き物ですので、

男性と比較するとどうしても精神的不安定になりがちです。

 

 

ですので、ある程度の女のヒステリー・かんしゃくは

男の包容力でカバーしてあげる必要があります。

 

 

しかし、一般の女性と比べてもヒステリーを起こす確率が高く、

対処する男たちが次々とノイローゼ・精神病になってしまうような

恐ろしい性格の女性も中にはいます。

 

 

そして、そんなキチガイで危ない女性を相手にしていたら、

あなたがよほど図太い神経を持っているか、たくましい性格でない限り、

あなたの身が持たず、心身ともに壊されてしまいます。

 

 

そこで、今回は面倒くさいヒステリー女性を相手にしてしまった時、

どうやって対処すれば良いのか?

キチガイでヒステリックな女性を黙らせる方法・テクニックについて

お話ししたいと思います。

 

 

大嫌いなキチガイヒステリー女を黙らせる方法とは?

 

 

あなたの頼りにしている女性や、大切なパートナーが

ちょっと感情的になってヒステリーを起こすくらいなら

女性のヒステリック(ヒステリー)を思いのままに鎮めるコツ

でご紹介したようなヒステリー対処法で

上手に話を聞いてあげるとよいでしょう。

 

 

しかし、いつも何かにつけて

仕事の責任を押し付けてきたり、何でも自分のせいにしてくるような

トンデモキチガイ女を相手にする場合は、

これまでの女性との会話のコツで対応していると、

舐められて調子にのる可能性も考えられます。

 

 

 

「他の奴は怖いけど、コイツには、何でも言ってもいいだろう。」

あなたを頼りにして感情を爆発させられるのならまだマシですが、

こんな風に考えられたら冗談ではありません。

 

 

そこで、自分の精神を病む原因となるキチガイ女には、

それ相応の方法で対処した方が良い場合があるのです。

 

 

キチガイ女に反論して静かにさせる方法 冷静で論理的な意見をぶつける

 

 

キチガイな性格の女性がヒステリーを起こした時は、

よく内容を聞くと身も蓋もない事を言っているため、

付け入るスキは穴だらけ、たくさんあります。

 

 

「今、○○って言ったけど、それは□□だからあり得ないよ。」

「その話、全く今の話と関係ないよね。

さっきまで○○の話していたから、急に話変えないでくれる?」

「何を言ってるの?□□の出来事なんて、なかったよ。」

 

 

弱気になると、どんどん勢いで付け込まれるので、

強気に出て、「まるで話にならない」程度の心の持ち方で対応しましょう。

 

 

ヒステリックな女性にとって、まっとうな意見で話をスパッと止められるのは

一番避けたいシチュエーションです。

なぜなら、女性は会話ができなくなると、

「この人間を使ってストレスを発散する」という目的を達成できないからです。

 

 

何でも責任を押し付けてくるような嫌な女性には、

冷静で論理的な反論でぐうの音も出ないくらい

コテンパンにやっつけてしまいましょう。

 

 

どうしてもヒステリー女を避けられない場合は、どうしたらいいの?

 

 

しかし、どうしても女性側が自分の近くから離れようとせず、

ヒステリーを自分に対して繰り返し行うという意地悪をしてきて

逃げられないというケースもあります。

(しかも、相手はイジワルをしているという実感がない人が多いです。

本当に恐ろしいことです。)

 

 

そういう時は、一人で迷わず上司や同僚、親族など親しい人間に

相談してみることをオススメします。

 

 

ヒステリーでどうしようもない人間だと感じる女性は、

大抵周囲の人間から悪い噂を流され、孤立しています。

 

 

そこで、自分がヒステリー女のせいで大変な目に遭っている事を

周りの人間に相談すれば、ほかの人達もきっと共感してくれるはずです。

色んな所で協力的にフォローしてくれることも期待できますし、

見かねた上司が配属先を変更してくれるかもしれません。

 

 

 

また、上司か部下に関わらずヒステリー女が寄り付いてきて嫌味を言う原因は、

あなたが会社の職場で仕事ができないから、

または立場が下なことを理由に、人間として下に見られている

という可能性も考えられます。

 

 

その場合は、あなたが仕事で成果を出したり、

周りが認める実力・結果を出すことで

自然とヒステリー女からいなくなったり、

キチガイな言動をあなたに対して行わなくなったりしていきます。

 

 

管理人がヒステリー女にどうしても厳しくなってしまう理由

 

 

以上、ヒステリーで嫌いな女性の対処法・テクニックでしたが

ヒステリーを起こした女性にとって、

今回の内容は少し厳しい印象を受けたかもしれません。

 

 

しかし、これにはプライベート上での訳があります。

実は、私自身が過去にヒステリーで鬱陶しい女性社員に目をつけられ、

耐え切れずに一度逃げてしまった経験があるのです。

(参考記事:「会話のコツ吉について」

「管理人のコミュ障歴 社会人時代の私 前編」

管理人のコミュ障歴 社会人時代の私 後編」)

 

 

ですが、私は一度冷静になれる時間を作ったことで

別の視点の考え方が身につき、結果的にヒステリー女性への対処方法にも

自信がつくようになりました。

 

 

そのため、人生で行き詰まりを感じたら、

一旦その場から離れて心を空っぽにすることも

立派なひとつの戦略だと私は思っています。

 

 

私の場合は退職という道だったのですが、

その他にも仕事なら部署移動願いや転職、一時休職など

方法は探せばたくさんあると思います。

 

 

長い人生、「自分では、もうどうにもならない」

と思っても、他の人と相談して知恵や力を借りたり、

一時的に別の環境で頭を冷やしたりすることが

意外な解決策を導きだす結果となることもあります。

 

 

追記 管理人をイジメたヒステリー女の末路

 

 

余談ですが、私の人生の体験談を記録しているコーナーでご紹介していた

ヒステリー女上司ですが、ついに今までの部署から外され、

組織の人間と顔を合わせる機会が少ない部署へ異動になった模様です。

 

 

原因は、以前から人間関係において様々な問題が多かったことに加え、

大きな行事で積み重なるミスを引き起こして混乱させたからだそうです。

 

 

周りに害を及ぼす人間には、それ相応の神の鉄槌が下るという良い例だと思います。

前の職場の尊敬する上司にも気軽に会いに行けるようになったので、

私にとっては万々歳なニュースでしたけどね。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ