社会人のおじさんも女性の扱いに苦労している

スポンサーリンク

今、社会では女性進出の動きが世界レベルで行われており、

男性が社員の大半だった会社の中でも女性の姿を見かけるようになってきました。

 

 

この一連の動きで、

働く人間が増えて会社が活気づくメリットがあったり、

より多様な価値観が取り入れられることでよりよい世界ができると私は考えています。

 

 

 

しかし、その社会の変化に適応することが出来ず、

女性社員を使いこなせない男性管理職、

そして女性と上手くやれない男性社員が大変苦労しているのも

また事実です。

 

 

女性の対処法 対女性の会話方法を覚えることのメリット

 

 

これまでは、男性中心のモノの考え方、

そして男性中心の価値観が重要視された社会の仕組みになっていましたが、

今後は女性のモノの考え方・価値観が重要視されてきます

 

 

というのも、これまで女性の活躍の場は限定されていましたし、

それも結婚や妊娠を境に退職するという流れが一般的だったからです。

 

 

しかし、今は違います。

女性は妊娠したら産休を取り、体調が戻れば再度働き続けます。

現代社会では男性と同じように、

定年退職まで現役で働く女性社員が当たり前になっていくのです。

 

 

 

ここで、今まで女性の扱いになれておらず、

上手に会話するコツを身につけていなかった男性は、

ずっと会社内に残り続ける女性に対して苦労することになります。

 

 

これまでの男性中心のやり方だけでは上手くいかないし、

「女性はその内やめるもの」と言って女性をのけ者にしていたら、

女性比率が増えた現場で対応しきれなくなってしまうからです。

 

 

職場の女性比率が多い会社組織では、

女性に嫌われることだけで「使えない人間」

というレッテルを貼られることにもなってしまうのです。

 

 

今の時代、女性との会話のコツをつかめれば、人生はもっと楽しく充実したものになる

 

 

ですから、今の時代は対女性のコミュニケーション能力、

会話テクニックは、ただ単にモテるためというわけではなくて、

生きていくためにも必須と言える技術と言えるのです。

 

 

女性と上手く連携して一緒に仕事に取り組めば、

今まで以上に仕事はスムーズに運ぶことができますし、

何より同性・異性関係なく信頼されるようになってきます。

 

 

 

女性の上司がいれば、かわいがられて

分からないことがあっても何でも丁寧に教えてくれるでしょう。

 

女性の部下や同僚がいれば、

進んで仕事をフォローしてくれたり、助けてくれるようになるでしょう。

 

 

また、同性の男性社員からも一目置かれ、

まとめ役や重要な役職にも推薦されるようになります。

 

 

 

今、学生という人は、主に好きな人との対応策、

いわゆる恋愛関係を構築するために女性との会話方法を知りたがっていると思います。

 

 

しかし、女性との会話テクニックを学ぶことは、

今後社会に出ていっても、幸せな家庭生活を送るためにも

非常に重要な「知識」「技術」となって、

あなたの人生をサポートしてくれるようになるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ