嫌われることを恐れるな 無理な努力をするな

スポンサーリンク

人付き合いが苦手だという人の共通点の一つに、

「人から嫌われることを極度に恐れている」点が挙げられます。

 

 

人の事を考えず、自分の好きな発言をすることも問題ですが、

どんな話をすれば良いのか、どのように話をすれば良いのか、

実行に移ることなく、ただひたすらに考えすぎてしまうことは、

良好な人付き合いをする妨げにもなってしまいます。

 

 

人と会話をする時は、「好かれたい!」「嫌われたくない!」気持ちを極力抑えよう

 

 

余りにも相手の事を考えてしまい、

「好かれたい!」「あの人に嫌われたくない!」

という思いで頭の中がいっぱいになってしまうと、

スムーズな会話の流れに乱れが生じます。

 

 

相手に気に入られるかどうかを常に考えてしまっているため、

肝心の会話の内容に集中することができていないのです。

 

 

 

ある大学の心理学の研究結果を見てみると、

対人関係に苦手意識を持つ人の特徴は、

 

「人に好かれることばかり考えている」

「人に嫌われることに対して、極度の恐怖感を持っている」

 

だという研究成果が出ていました。

この研究結果から、会話に苦手意識を持つ根本の原因は、

自分自身の精神状態に関係があったことが分かったのです。

 

 

自分らしさを取り戻して、人付き合いに前向きになるということ

 

 

また、人から好かれたい、良く見られたいと思う願望が行き過ぎると、

本来自分の持つ能力や人間性を大幅に超える自分を演出しようと

頑張りすぎてしまうことがあります。

 

 

自分を良く見せることも、対人関係においてはある程度必要だとは思います。

自分自身の成長のためにも、より良い自分になろうと努力することで

少しづつ理想の自分に近づくことができるからです。

 

 

しかし、自分のカバーできる許容範囲から一気に飛び出すような行為は長続きしません

一時的にはその場を取りつくろうことができても、

自分自身に不安になってしまうか、

すぐに疲れ果てて同じキャラを演出することができなくなります。

 

 

 

 

人間関係を結ぶために、よりスムーズに違和感なく会話に望むためには

ある程度気軽な気持ちで話しかけること必要です。

 

 

「あの人には絶対嫌われるわけにはいかない!!」

と思ってしまうと、心も体もガチガチになり、思うように話せなくなります。

 

 

それよりも、「ちょっと話してみようかな」というフランクな感じで会話に臨んだ方が、

スムーズに会話ができますし、自分も緊張しないで楽に話せることができます。

また、相手もあなたの自然体に触れることで、警戒心が解け、緊張感がほぐれ、

安心して話せるようにもなるのです。

 

 

好かれるときは好かれるし、嫌われるときは嫌われる

 

 

こう言ってしまっては元も子もないように感じますが、

どれほど会話に熟練の技術と経験を持つ達人でも、

どうしても人に嫌われることはあります。

 

 

嫌われる理由は様々です。あなたの性格意外にも、

見た目や声や雰囲気が嫌いという、理不尽な理由で嫌う人もいるのです。

 

 

ですから、嫌われるかもしれないと思って怯えていても仕方ありません。

そもそも、そんな理不尽な理由で嫌う人間を相手にしても仕方がないでしょう。

ですから、嫌われたら嫌われたで、「まあ、仕方ないな。」

くらいの気持ちで受け止めていた方が良いのです。

 

 

もちろん、自分の話し方・接し方には十分注意して、

失敗したら反省することは大切です。

 

 

しかし、人に嫌われることを極度に恐れて、

自分らしさが出せないことがないように、

ある程度は気軽に、前向きに会話に臨みましょう

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ