反応がなくても、ホメ言葉は必ず相手の心の中に響いている

スポンサーリンク

ホメ言葉が対人関係に効果的と知って、いざ試しに実践してみると、

相手の返答がそっけなかったり、薄い反応だったりすることがあります。

 

 

頑張って人を褒めてみたのに、そんなリアクションの低い態度を取られてしまえば、

 

「うーん、本当に褒めることって効果があるのかな?」

「周りから認められたスゴイ人じゃないと、褒め言葉を使っても意味ないんじゃないか?」

 

 

と疑い始めてしまいますし、

褒める事を辞めてしまう原因となってしまいます。

 

 

 

しかし、繰り返し申し上げますが、

ホメ言葉は人と仲良くなるためには非常に強力な効果を持つツールです。

あなたの目には見えなくても、目に見えない部分では大きな効果が出ていますし、

実際に褒める行為が多大な影響力を持つことが証明されています。

 

 

誉めたのに反応がない!? 褒めても相手のリアクションが薄い理由

 

 

あなたがある人をホメたのに、ホメられた人はあまり嬉しそうな顔をしません。

こちら側からしたら、何か気に障ったことを言ったのではないかと不安になってしまいます。

 

 

しかし、実はホメた相手は心の中では本当に喜んでいましたし、

褒められて以降あなたに対して好意を持つようになっていました。

 

 

しかし、本当は嬉しかったのにもかかわらず、

どうして褒められた人は態度を表に出さないのでしょうか?

 

 

 

 

その一番の理由は、ホメた相手が恥ずかしがり屋だからです。

褒められたとき、素直に感情を表に出すことが恥ずかしくて仕方がないので

ついそっけない態度を取ったり、リアクションの薄い反応を取ってしまうのです。

 

 

日本には「謙遜」という文化があります。

昔から、常に目立たず謙虚でいる姿勢が好まれ、

おごり高ぶった傲慢な態度、高飛車な反応は醜いと決めつけられてきました。

 

 

そのため、日本人が他人から褒められると、

 

「いえいえ、そんなことはありません。」

「いやいや、全然ダメなんですよ。」

 

 

と、自らを下の立場にするように、へりくだった話し方をするのです。

 

 

人を褒めたときは、せっかくほめてあげたのにも関わらず、

「機嫌が悪そうな感じだった」「無口で無表情だったから」といって、

自分勝手に人を嫌いになったり、褒める事を辞めようと思わないことです。

 

 

褒め言葉は、相手の心の中に生き続ける

 

 

「尊敬する人からの言葉を糧に頑張って成功した」

という体験談は、よく聞く話です。

このことから、自分以外の存在から影響を受け、

人生が変わるということは誰でも分かります。

 

 

しかし、何も人は尊敬する人だけの言葉に影響されているわけではありません。

周囲の人間の言葉も、そして特に「ホメ言葉」には、

人生を好転させるほどの大きな影響を受けているのです。

 

 

 

 

あなたがふと

「○○さんって、英語が本当に上手だよね。」

と、英語の成績が良い人を誉めたら、

ホメられた人は事あるごとに、あなたが特に考えずに発した褒め言葉を思い出し、

さらに英語の勉強に励むようになるかもしれません。

 

 

そして、英語の能力を活かし、

日本を代表する通訳士として活躍するようになるかもしれないのです。

あなたから英語の成績を褒められた人は、通訳士になってからも、その後もずっと、

辛いときや苦しいときに褒め言葉を思い出し、その喜びを糧に前へ進み続けるのです。

 

 

 

褒め言葉は、すぐに効果が出ることもありますが、

その多くが後になってから、期間を置いてからさらに大きな影響を及ぼす力となります。

効果の時期に違いはあれど、褒め言葉は人の人生を変えるほどの力を持っているのです。

そして、褒められた人は、褒めた人の事を長い間忘れることはありませんし、

長きに渡って感謝し続けるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ