「キツイ人だな」と思われる人の特徴と、きつい話し方を直す方法

スポンサーリンク

「話し方がキツイ」

「性格がきつそう」

と言われる人の特徴はいくつかありますが、

性格だけではなくて、喋り方自体が原因になっているケースもあります。

 

 

その原因の一つに、標準語で喋っているという理由が挙げられます。

実際に、関西人の方々が関東の人達の喋り方を聞くと、

「なんか言葉がはっきりしすぎてキツイな」

という感想がよく返ってきますが、

方言に慣れている人は、標準語で喋る人をキツイと感じるものです。

 

 

これは、標準語・東京弁自体が物事をハッキリ伝えるために

適した言葉ばかりなので、致し方ありません。

しかし、東京の人達と同じ喋り方をしていても、

話し方にほんの少しの工夫をするだけで

相手にとても柔らかい印象を与えることも可能です。

 

 

キツイ喋り方を直すコツ これできつい人間と言われる現状から脱出だ!

 

母音を際立たせ、子音の音を柔らかくするように意識する

 

標準語は、どんな言葉もハッキリと伝える事に長けていますが、

それが行き過ぎるとキツイ言葉に聞こえてきます。

 

 

その原因の元となっているのが、子音が際立って聞こえる点です。

逆に、方言を喋る人は母音が際立つので、

方言を使うだけで言葉が柔らかく感じられます。

 

 

特に「ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ」の音や

「~です。」「~でした。」

という言葉の語尾の子音を強く発すると、

それだけで厳しい口調に聞こえてしまいますので、注意が必要です。

 

 

逆に、スピーチや演説など、

誰かにはっきりと自分の意見を言う時などは、

子音の音を強くする方が、あなたの印象がより一層強くなり、

伝えたい事を伝えやすくなる効果が得られます。

 

 

話すスピードを落とす キャピキャピした喋り方から、ゆっくり落ち着いた言葉遣いへ変える

 

 

標準語を使う人が早口言葉で喋ってしまうと、

まるで機械から音声が出ているかの如く、

無機質で冷たい印象を与えてしまいます。

 

 

話す時のスピードですが、基本的には

早いスピードからゆっくり落ち着いた話し方になればなるほど

優しい印象になります。

 

 

また、話をするときは、

一定の声の大きさで話し続けるのではなく、

大きな波を打つように声の大きさにテンポを持たせるよう意識すると

より一層柔らかい喋り方になります。

 

 

話す時は一定の間を空ける 返答は間髪入れず話さない

 

 

会議などの話し合いの場や、商談などビジネスの時は、

やや早口で、質問の返答にも間髪入れずハキハキ答える姿勢は

自信に満ち溢れているようにも見えますので、効果的です。

しかし、日常会話では、話す時に一定の間を空ける方が

相手に柔らかい印象を持ってもらいやすくなる効果があります。

 

 

相手の質問・問いかけに対して

間髪入れずに返答し、畳みかけるように早口で話そうとする人もいますが、

これは「キツイ人」だと思われるには非常に有効な方法です。

ただし、「キツイ男」「キツイ女」を卒業したい、

脱出したいと考えている人は、やらない方が得策でしょう。

 

 

相手の話に対して、少しの間を空ける余裕を持てたら、

キツイ人間という印象は大分薄れてきているはずです。

そして、間を空けた後、相手の顔を見ながらゆったりとした言葉遣いで話せたら、

あなたが「やさしい人」「話しやすい人」として見られるようになるのも

もはや時間の問題でしょう。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ