「ですから、何度も申し上げましたように・・・」なぜこの言葉が相手を不快にさせるのか

スポンサーリンク

あなたはこれまでに

次のような言葉を投げかけられたことはありませんか?

 

 

 

「ですから、何度も申し上げましたように・・・」

 

 

 

 

または、自分自身が仕事や電話対応で使用した覚えはありませんか?

 

 

 

 

「この言葉遣いの何が問題があるんだ?」

 

 

そう疑問に思うかもしれません。

しかし、こちらの言葉遣いには大変重大な問題があります。

 

 

もし、何の問題も見当たらないという人は、

今後会話で大きな損をする確率が高いです。

ということで、今回はそんな「一見良さそうにも見える、悪い言葉遣い」

についてお話したいと思います。

 

 

一人よがりで自己中心的な話し方になっていないか要注意!

 

以前には、

誤解や対立が生じないようにするコツは「めんどくさがらないこと」

自己中心的だと言われないための、聞き手の立場を考えて話すコツ

にて、自己中心的な話を展開するケース、

相手を不快にさせる話を展開するケースについて少しお話しましたが、

上の言葉遣いも非常に自分勝手な話し方です。

 

 

言われた相手は、自分がバカだと言われているような気がするので、

 

 

「なんだその口の聞き方は!?」

「なんだか態度が悪いなあ。」

 「ムカつくヤツだ!まともな教育を施してないのか?」

 

 

と、非常に不快な気持ちになるはずです。

 

 

 

 

なぜこのような事態になってしまうのかと言いますと、

「ですから」という言葉は、

「自分は何度も言っているのに、あなたは何も聞いていない。あなたが悪い。」

というニュアンスの否定形になるからです。

 

 

 

「ですから」「だから」「つまり」「要するに」

これらの接続詞は、使い勝手が良いために

ついつい頻繁に使用してしまいます。

 

 

しかし、これらの接続詞は全て

「私は全て理解していて有利な立場。あなたは何も理解していない不利な立場。」

と暗に相手を子馬鹿にする言葉になりがちですので、

本当は使わない方が良いのです。

 

 

 

あまり良くない性格の人を

「自己中心的」「仕切りたがり屋」「傲慢」「偉そうな人」

という名前で人々は呼びますが、こういう呼び名がつけられている人ほど、

上のような接続詞を使用している傾向があるのです。

 

 

頭が良いアピールはいらない。会話の基本は「相手と同じ目線」になること

 

 

「ですから」「だから」「つまり」「要するに」

こういった接続詞を使ってしまったという事は、

相手はあなたの話を理解できていないということです。

 

 

あなたの話が理解できていないことが分かったら、

まずは、あなたの話し方に問題があると考え直すべきなのです。

 

 

 

 

「なんでこんなことも分からないの?」

「どうしてわかってくれないの?」

 

 

こんな感情が芽生えたら要注意です。

それはあなたの視点から見たらそう感じるだけで、

その他大勢の人達には異様に見えている可能性が高いです。

 

 

 

 

会話の基本は「相手と同じ目線」になることです。

あなただけが詳しい分野の話をしていて、

あなたと同じ感覚で話を理解できる他人など限られます。

 

 

 

相手は自分とは全く違う人間です。

もし、話を理解できていないようであれば、

 

「今の話、どこか分からなかった?」

 

と、こちらから質問するなどして

自分から相手に歩み寄ろうとする行動が大切です。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ