相手の潜在意識を利用して、自分のことを好きになってもらうコツ

スポンサーリンク

人は、知らず知らずの内に「ある判断基準」

人の事を好きになるかどうかを決める大きな材料にしています。

 

 

その判断基準は誰にでも持っているものですし、

意識しようと思ってもできない「潜在意識」と関係しているので、

その判断基準の正体を知っていても、逆らうことは非常に難しいのです。

 

 

 

ここまでの話を聞いて、

一つのアイディアが思いついた人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

「その判断基準の存在を知り、人間関係に利用できれば

 自分の思い通りに好きな人に好きになってもらえるのではないか?」

 

 

少々恐ろしくも感じるこのアイデアですが、

実はずっと昔から、人の上に立つような人はこの法則を活用しています。

 

 

人を好きか嫌いかを判断する基準とは その正体

 

 

答えは「自分の事を大切な存在だと認識してくれているかどうか」です。

人は、自分の存在を「重要だ」「大切だ」と心から思ってくれる人に対して

自然と好意を抱くようになっているのです。

 

 

凄腕の経営者や、みんなから慕われているリーダーを見てみると、

決まってその特性を上手く利用していることが分かります。

 

 

 

「○○さんは、私たちのチームには絶対に必要な存在なんだから。」

 

「企業の末端で○○君のような活躍する人がいるお蔭で、

 この会社は成り立っているんだよ。本当にありがとう。これからも期待してるよ。」

 

「○○は確かに問題がある所もあるけれど、そこまで自己嫌悪する必要はない。

 他の人にない能力・特徴でサポートしてくれる力があるじゃないか。」

 

 

上の例と似たような言葉を、あなたもこれまで聞いた経験があるのではないでしょうか?

これらの言葉が意図的かどうかと言われれば、ほぼ全て計画を立てた上での言葉でしょう。

人を動かす立場にある人達は、人間心理の重要性をよく理解しているのです。

 

 

 

このように、相手に相手自身の事を

「重要な存在」「大切な存在」だと知らせることができれば、

高い好感度を持ってもらう事ができるようになります。

 

 

人の存在を肯定することは、同時に人を救うことにもなる

 

 

しかし、そう思うと、心が悲しくなってしまう人もいるかもしれません。

悲しくなる人は、きっと熱い心を持っている真っ直ぐな人だと思いますが、

それほど残念に思う必要もないかと思います。

 

 

なぜならば、話した人間自身は

本当に相手の事を重要で、必要な存在だと感じていることが多いですし、

何よりもあなたの為を思って、気を遣って言ってくれているからです。

 

 

あなた自身も励ましや感謝の言葉を聞いたり、

認めてくれる人の存在がいることで、

大きな喜びを受けたこともあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

「あなたの事が大切だ」「あなたの存在は重要なんだ」

これらの言葉は、聞き手の存在自体を強く肯定することにもなります。

 

 

ショックな事件が起きて、落ち込んでいるようなマイナス思考の人も、

こんなうれしい言葉を聞かされたらたちまち元気になり、プラス思考に戻ろうとします。

つまり、あなたの言葉たった一つが、人を救う力を持っているということにもなるのです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ