女性自らヒステリーを起こさないコツ 男性に感情的にならない方法

スポンサーリンク

女性が男性と交際中で、同棲生活を送っていると、

今まで見えなかった男性の一面が見え隠れするようになってきます。

 

 

その一つに、女性側が一生懸命男に対して尽しているのにもかかわらず、

男性側が全く甲斐性がないという、不公平に見える家庭内事情があります。

 

 

女性視点で見ると「どうして私ばっかり頑張らなきゃいけないの?不公平よ!」

と不満が募り、それが爆発してヒステリーに発展するのですが、

どうしてこのような夫婦喧嘩が、それも毎日と言ってもいいくらいに

世界中で発生するのでしょうか?

 

 

その原因を探っていくと、

どうやら男性の性質を理解していないことが問題となっているようです。

男性の特徴を正しく理解すれば、女性がヒステリックになるレベルまでに

必要以上に頑張らなくてもよい理由も見つかります。

 

 

なぜ、女性ばかりが頑張り過ぎてヒステリーが起こるのか?男女間に起きる衝突の原因を探る

 

 

女性ばかりが損をしてヒステリーを起こす原因を探るために、

まずは女性の我慢の限界が来て、激怒してしまうまでの状況

段階を追って見ていきたいと思います。

 

 

女性ばかりが頑張った結果、人間関係に亀裂が走る一例

 

 

女性は、自分の好きな人間にはとことん尽す特徴があります。

もし、女性に好きな異性が現れたとしたら、

年頃の乙女は夢中になって大好きなお相手の世話を焼こうと行動するでしょう。

 

 

その後、意中の男性と付き合うこととなり、

ついに結婚生活を送るようにもなりましたが、

女性側がいくら男性のために行動していても、

男性は少しも態度を変えないことに、女性が次第に気になり始めます。

 

 

 

「私がこんなに頑張っているのに、愛している夫の反応が全然変わらないという事は、

もしかして私の事を好きじゃなくなったってことなの?」

 

 

一度気になりだすと、あれこれといろんな可能性を妄想するようになります。

そして、考えてもピンと来る答えを見つけ出すことができなかった女性は、

ついに精神的にも参ってしまい、ヒステリックな性格に変貌するのです。

 

 

男性は、女性の頑張りと自分の頑張りが同じだと考えていた

 

 

女性がヒステリックになり、ケンカが発生した当初、

男性側は一体何を考えていたのかと言うと、

 

「こんなに女性が積極的に動いてくれるという事は、

俺の頑張りも評価されているということだな。安心安心。」

 

という、なんとも自己中心的な心理状態に陥っています。

 

 

本当は、女性は我慢の限界で痺れを切らしそうになっている精神状態なのに、

男性は全く女性の心の声に気づいていなかったのです。

それどころか、努力する女性の行動を目にすることで、逆に心の平安を得ていたのです。

 

 

対する女性の方も、男性が「俺の普段の仕事を評価してくれている」

と、「実は男性が心の中で勘違いしていた」という事実に全く気づいておらず、

その結果、場違いで逆効果な努力を続けていることになります。

 

 

 

つまり、結婚生活の中でいきなりケンカ状態に勃発する原因は、

お互いの事を知っていないから、

言い変えると心の中のコミュニケーション不足と判断することができます。

 

 

女性が無理せず男性と上手く生活していく方法 日々の生活でヒステリーを起こさない画期的なテクニックとは?

 

 

男性は鈍感なのに対して、女性は妄想癖があり思いこみが激しい一面を持っています。

しかし、お互いの特徴を知り、思考のクセを捉えることができた今なら、

男性との生活で無理な努力をする必要もなくなります。

 

 

 

男性と一緒に生活する時、無理をしないためのテクニックですが、

自分の力が尽き果てるまで無条件に何でも尽すことは控えめにして

自分の心と体力にある程度余裕を持つように心がけましょう。

 

 

そして、もし自分の負担が大きいと感じ、男性に何かを手伝ってもらいたいと思った時は、

回りくどい言い回しはせずに、直接的な言葉でお願いをすることが

不安や不満を溜めないコツのひとつです。

 

 

 

男性は、元々自分の事は自分の力でやろうとする性質を持っています。

女性の助け合い精神とは違い、自分の能力で何かを達成しようとする人に

むやみやたらと手を貸さず、相手の自信と尊厳をできる限り傷つけないように尊重します。

 

 

そして、どうしても一人で達成できない目標がある場合のみ、

他人に助けを求めようと声をかけます。

男性は、必要な時に助けを求め、必要な時のみ動くという特徴があるのです。

 

 

もし、あなたが男性と恋愛関係になったり、一緒に暮らすようなことになったら、

以上の男性の特徴をしっかりと意識しておくと、

必要以上に頑張らず、余裕を持った幸せな生活を送ることができるようになるはずです。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ