挨拶とホメ言葉の意外な関係性 あいさつの本当の意味とは?

スポンサーリンク

褒め方を学ぶことで、あらゆる人を喜ばせ、

好印象を持ってもらえるということを

これまで話してきました。

 

 

しかし、

 

「人をどうやって喜ばせよう?」

「どうすれば良い印象をもってもらえるのだろうか?」

 

と考えすぎると、とても簡単なことなのに、今まで大切にしていた基本的な事

疎かになってしまうことがままあります。

 

 

 

人に良い印象を持ってもらい、良好な人間関係を構築していくためには、

何と言っても、まずは元気で笑顔の挨拶が一番大切なのです。

今回は、そんな忘れがちな基本ツール「挨拶」と、

「褒め言葉」意外な関連性・共通関係についてお話ししたいと思います。

 

 

人間関係を良くするためには、「挨拶」だけでも十二分の効果がある

 

 

面白くて楽しいトーク術ができなくても、

人を気持ちよくさせる褒める会話術を身につけてなくても、

周りから好印象を持たれ、好かれてしまうという人が存在します。

 

 

なぜ、大した事も喋られないのに、周囲から愛される人間が現れるのか?

その理由はとてもシンプルで、

気持ちの良い「挨拶」を欠かさないことが原因だったのです。

 

 

 

 

過去に、ある研究機関の実験で、

「挨拶」をしてくれる人に対して、どんな感情を抱くのか?

という検査をしたことがありました。

 

 

その結果ですが、男女の違い・年の差は関係なく、

あいさつをかけられたほぼ全員が、

挨拶してくれた人に好ましい感情を持つことが分かったのです。

 

 

 

人から好かれる人は、自ら積極的にアイサツする事を心掛けていました。

それも、笑顔ではっきりとした声で、相手の顔を見ながらです

 

(あいさつの正しい方法・効果については「人に好かれる会話のコツ」コーナー

会話を始める前に、相手にきちんと挨拶をしていますか?

誰からでも好かれる人の、普通の人と違う、ちょっとした習慣の特徴

にてご紹介しています。)

 

 

「人を気持ちよくさせる」という共通点 効果が同じなら、簡単な方が良いに決まっている

 

 

人を褒めようと考えるとき、

慣れない内は「どうやってあの人を褒めようか?」

などと長時間悩むことが良くあります。

 

褒める方法・会話テクニックはたくさんありますし、相手の性格も各々異なるため、

人によっては全く違うアプローチをする必要があるからなおのことです。

 

 

しかし、「挨拶」の場合は、

相手がどんな人間であれ、やることは一緒です。

元気な雰囲気で、相手の顔を見ながら

 

 

「おはようございます!」

「こんにちは!」

「お疲れ様です!」

 

 

と、一言言うだけで良いのです。

 

褒める相手が好きな人であっても、

上司であっても、部下であっても、

家族であっても、友達であっても、初対面の人であっても

「アイサツ」することについては、全く同じ共通の内容で良いのです。

 

 

それでいて、一生懸命考え抜いた褒め言葉と同じ

「人を喜ばせる」「他人を気持ちよくさせる」

という目的を達成することができるのですから、

「挨拶」ほどほどお手軽で気軽にできる褒め言葉は、他にないのです。

 

 

 

 

「あの人をどうやって褒めたら、嬉しく感じるだろうか?」

 

 

人の事を考えるという事は非常に大切な行動です。

しかし、考えすぎて煮詰まるような事がある場合は、

一番効果があって、なおかつ基本的な事が何であったか、

一度思い返してみるのも良いでしょう。

 

 

一度頭の中を冷静にすることで、

大切な事を忘れていることに「ハッ!!」と気づくかもしれませんよ。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ