会話の準備不足 会話上手は会話を予め準備している

スポンサーリンク

会話するために事前に準備をすると聞くと、

「それって全然しゃべれないからやるんだよね。」

と思われがちですが、決してそうではありません。

 

 

むしろ、会話上手な人は会話の「準備」を周到に用意しています。

あなたから見て、会話が上手いと思う人も、

何の準備もなしには手も足も出ない状況になることもあるのです。

 

そこで、この「準備」の重要性について、少しお話ししたいと思います。

 

 

 

 

例えば、大事なお客様が来るときには、

スムーズに楽しい話ができるように、大事なお客様の性格や人柄、

役職、出身地、趣味などの情報を出来るだけチェックしておきます。

 

 

そこから、自分の話を混ぜて互いに交流できる内容を決めていけば、

当日、準備していなかった時と比べてかなり余裕を持った会話ができるでしょう。

 

 

また、会話がスラスラと進む状況を見て、お客様も

「この人は良い人だな。」「なんだか凄いパワーを持った人だ。」

と一目置くようになる効果も期待できます。

 

 

 

 

営業マンの商談であれば、なおさらですよね。

わかり易くて、自分の言った発言を納得してもらえる資料を作成し、

契約内容をより有利に持っていくためのシミュレーションを繰り返し行えば、

当日になって、自信満々で商談に臨むあなたに相手は少なからず頼もしい印象を受けるでしょう。

 

そうなれば、行き当たりばったりのケースと比較しても

より良い結果が得られるのは、なんとなくでもわかりますよね。

 

 

 

 

勉強や仕事にあらかじめ準備する常識があるように、

会話も準備不足にならないようにきちんと対策を行うことで、

あなたの思った通りの展開が望めるようになるのです。

 

 

ですから、「会話にあらかじめ準備なんて、素人のやる事だろ。」

と言って何の準備をしないのは、

勉強せずに受験に向かう人と同じ状況だといい変えることもできます。

 

 

これでは、頑張って行動しているのに

なかなか結果が出ないのも頷けますよね。

 

 

 

 

「でも、人と関わるために、話す相手のことを予めリサーチするなんて

変だと思うし、とてもできない。」

 

 

真面目で優しい方なら、そんな風に思うかもしれません。

しかし、別にこれは変でも何でもありません。

 

 

 

例えば、アメリカ合衆国のルーズベルト大統領

知らない人と話す前は、必ず相手の情報を出来るだけ集めて報告するよう

部下に伝えていたと言われています。

 

 

そして、相手の性格や好みを熟知した上で、話し合いに臨むのです。

会話中は終始スムーズで、妙に緊張するような雰囲気にもなりません。

そして、帰りには相手の好きな物をプレゼントし、

相手には喜んで帰ってもらっていたのです。

 

 

 

逆に、あなたが相手の立場であればどうでしょうか?

自分の話し方に合わせた話題を出してくれ、

話も自分に合わせてくれて、

帰りには自分の好きな物をプレゼントしてくれたら

嬉しい・楽しいというプラスの感情意外に何が出るでしょうか?

 

 

 

ちなみに、お互い親しい間柄になると、

この準備する行為はごく自然に行われています。

 

 

「来月はあの人の誕生日だけど、何が好きだったか調べる必要があるな。」

「このゲーム面白かったなあ。あの人にも聞いてみて、もし好きだったら教えてあげよう。」

「ここのお店美味しいなあ。そういえば、あの人もこういうの好きだったかな?

聞いてみてもし好きだったら一緒に行こうかな。」

 

 

相手と話す前に、あらかじめ話題を用意しておく。

あなたも是非、一度意識して試してみることをオススメします。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ