会話で誤解・語弊を無くすコツ 天然・空気が読めない人の原因

スポンサーリンク

会話には、ただ単に情報のやり取りを行う目的だけではなく、

何気ない話をすることにより、人間関係を築き上げたり、

信頼関係を結んだりする効果があります。

(関連記事:「雑談のコツ

雑談は人間関係を構築するための基本ツール」)

 

 

特に、日本人の会話は

日常的な話から入り、最後の方になってからやっと本題に移る、

という会話の流れになることが多いです。

これは、他人との良好な関係を結ぼう、他人に配慮しようとする

日本人の気質が伺える代表的な特徴でもあります。

 

 

つまり、どのような会話にも何かしら「目的」があり、

意味のない話し合いなど決してないということが分かります。

そして、今、自分がどのような目的で会話をしようとしているのか、

相手は何の狙いがあって自分に話しかけているのか、

その点についてしっかりと理解することができれば、

会話中の誤解を無くすことに繋がります。

 

 

そこで、今回は会話で誤解・語弊を無くすための会話のコツとなる

会話の目的の種類について、

天然・空気が読めない人の原因と改善方法について解説したいと思います。

 

 

会話の目的の種類

 

会話をすることによる目的の種類ですが、

大まかに分けて4種類があります。

 

親しみ・信頼・安心・親近感

 

日本人が特に重要視する要素です。

会話のはじめに行う挨拶や、

特に何の目的もないように見える雑談が

信頼感・安心感・親近感を生み出す目的に使われます。

 

解説・説明・報告(お知らせ)

 

話し相手と情報交換する際や

部下が上司に何かを知らせようとする時、

また、学校の先生が生徒に何かを分からせよう、教えようとする時、

会話の目的は解説・説明・報告になります。

 

説得・忠告・相談・お願い

 

話し相手に何かを相談して助言や協力を求めたり、

危ない真似をやってはならないと子供に注意するなど、

相手を動かす目的があって会話をしている場合です。

 

感動を伝える

 

話し相手の相手の心を揺さぶるような体験談や

心に響くお話などは、

会話に感動を伝える目的があります。

 

 

語弊・誤解を無くすコツ うっかり失言して「天然」「空気読めない」と言われないようにするには?

 

 

会話の目的の分類については、以上になります。

会話中に上記の会話目的を意識していれば、

自分が今、どのような目的で話しているのか、

相手がどのような目的で話しかけているのかが

だいたい掴めてきます。

 

 

「うっかり失言してしまって、空気が読めない人だといわれてしまった。」

「語弊を招く言葉遣いをしてしまい、きまづい空気が流れてしまった。」

「よく天然なヤツだと言われてしまう。」

このように自分を評価されるような人は、

ただ単に言葉だけのやり取りをしていることから、

相手の感情を考えない発言をしてしまっている可能性があります。

 

 

しかし、人間は常に感情が変化している生き物です。

少し前までは自尊心が高く、余裕のある精神状態だったとしても、

自分が見ない間にひどい目に遭い、

今現在は猜疑心や警戒心でいっぱいになっている

ということも十分考えられる事です。

 

 

そこで、相手がどのような感情を持っていて、

どのような事を伝えるために会話をしてきたのかが察知できていると、

相手の感情を逆なでするような態度を取ってしまったり、

本当に伝えたかった事柄を誤解したりというトラブルは少なくなります。

 

学校でも友達作れず、会社員時代も上司や部下と上手くいかなかった管理人が誰とでも仲良く話せるようになり、人生が思い通りに行くようになった秘訣とは?

 

以前、私は人とまともにしゃべることすらできないコミュ障でした。

その上、一時期は人と話すことはおろか、ヒトの気配を感じただけで怖くなり、涙目になって逃げだしてしまうようなレベルの対人恐怖症でもありました。

 

しかし、どうにか自分の人生を変えたいと思い、他人と向き合うことに挑戦を続けていました。

その結果、対人恐怖症は改善し、また良い会話教材に出会い、正しい会話のコツについて学んだことで、

「誰とでも仲良くなれる」「仕事もケタ違いに上手くいく」ということを自ら経験しました。

   

実際に体験して分かったのですが、コミュ力は、才能ではなく鍛えられます。

そして、「会話術を学ぶことで誰でも自分の人生を好転させることができる」という真実を、産まれて初めて思い知ることになったのです。

 

[会話のコツの真実]世の中の全ての会話下手・コミュ障という人に伝えたい、たった2つの真実

「年齢=コミュ障歴」だった人が、わずか数十日でどんな人からも人に好かれるようになった会話力上達の方法についてはこちらをクリック

[必読]市販の会話本を何冊読んでも、会話力が身につかない本当の理由

人と目を合わせることすらできなかった、コミュ障エリート管理人の恥ずかしい過去と現在

Facebook Comments
スポンサーリンク

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ